転職で3・5・10年後の自分は?

転職の面接で『3年後・5年後・10年後の将来のビジョンを教えてください』と質問されます。何を答えればいいのでしょうか?

基本的には前ページの『将来の目標』と同じ質問をしていると考えてください。

3年でも7年でも何年先でも関係なく、応募者に自ら成長をしたいとする姿勢があるか
・主体性があるかどうかを知りたいためにこの質問をしています。

前ページでも述べましたが、この質問の回答をつくる際の注意点は


・企業から見たらどう思われるか、という企業視点で考える
 求められる人材像、企業が望む転職者の将来像を意識する

ことがポイントです。

海外に拠点がたくさんあるメーカーで、海外の売上比率をもっと高めて70%にしようと経営方針をだし
社員の海外赴任もかなりの確率であるのに

「自分は日本国内で営業をしたい、国内営業のスペシャリストになりたい」と語ると
会社のベクトルとズレがあり、マイナス評価をされます。


さらに

・自分のキャリアプランと、会社が考える人材の成長のステップがマッチするように
アピールする

ことが大切です。求める人材像は求人情報や企業ホームページ、経営情報を集めて
仮説を立て判断しましょう


例1

私は海外でバリバリと市場を開拓する営業マンになりたい、という目標をもっています。

まずは御社の国内の拠点で働き、製品の知識と営業スタイルを早く身につけたいと思っています。
そこで実績を上げ、その後に語学力を活かし、ゆくゆくは海外拠点で働きたいと思っています。

御社の経営方針で、海外の売上比率を5年以内に60%に高めたい、という記事を目にしました。

特にこれから成長著しい東南アジアに注目しており、販路の開拓と、有力な代理店を作るよう
自分がその目標の達成の一翼を担える人材になりたいです。


例2 

現在は営業事務の仕事をしていて顧客対応や、注文と発注の処理をしています。
将来的には『営業事務の仕事の効率化』に取り組めるようになりたいです。

新しい後輩が入ってきた時に他の部署の方でもスムーズに、教えられるようなマニュアル作りや、
業務が早く正確に行えるようにフローの見直しまでもできるようになりたいです。


例 

3年後までに、マネジメントスキル・部下の育成を行ない、管理能力をつけます。

将来は、リーダーとして、ビッグデータを活用したプロジェクトを組んで
顧客に新しい価値を作りだしたいと思っています。


例3

私は今回募集があった○○誌の編集部員として、話題になる企画を世に多く出したいです。
10年後には、御社の新雑誌の創刊に携わりたいと思っています。
健康雑誌か介護の雑誌を創刊したいと思っています。高齢化が進む中で、老齢の人口が増えており

興味の関心も健康や介護の問題が高まっています。雑誌でこういった企画を出すと部数が伸びる、というのを知っております。健康アドバイザーの資格も実は取得しており、新しいジャンルの雑誌の立ち上げに
関わりたいです。