転職回数が多いのなぜ?の質問

転職回数が多いと、面接の質問で必ずといっていいほど突っ込まれます。

 

『転職歴が多いですね。どうしてですか?』

 

年齢や勤続年数にもよりますが一般的には3回以上あると、面接官は
マイナスのイメージを持ちます。

 

2年以上勤務した会社が1つもなく、3回以上転職してると、企業は採用するのに懸念をもち
かなりハンディになります。

 

・入社してもすぐに辞めてしまうのでは?
・労働意欲が低いのでは?
・社内でトラブルメーカーなのでは
・ストレス耐性や粘り強さが足りないのでは

 

と懸念されます。そして面接官は上の質問をします。

 

書類で落とされたのでなく、面接まで呼ばれたのであれば
完全にアウトではなく、あなたの答え方次第で挽回が可能です。

 

 

○対策法

 

1 行き当たりばったりで転職してきてないことを伝える

 

2 一貫性のある理由を作れそうであれば伝える

 

 

3 止むをえない事情があった
  ステップアップを目指した の理由でつくる

 

3 転職理由は『不満から逃げて』でなく、『新しいことに挑戦したい』を軸に作るのも1つ

 

4 経験した会社の中で一貫性の説明ができない会社は、悪いのを認め、反省してる点を素直に伝える

 

5 最後の転職にしたい。御社に骨をうずめるつもりと最大限にアピール

 

6 転職を重ねた結果の『スキル・能力』をアピール
  それぞれの職場で身につけたことが、結果としてプラスになっていることをアピール

 

 

7 トラブルや不満があったことは言わない。『会社が悪い』と会社のせいにしない

 

8 K132

 

 

ポイントは上になります。

 

1.2

 

たとえ転職回数が多くとも、自分が叶えたい目標のために
転職を重ねてきたのならば、面接官は納得がしやすいです。

 

転職したのには意味があったことを面接で伝えます。

 

この質問のマイナスイメージを1番くつがえしやすいのは

 

『キャリアアップのために意図的に転職を繰り返した』という
一貫性のあるストーリを話せるかにあります。

 

 

3.6

 

『キャリアアップしてきた』という姿勢が見えれば転職歴が多くとも、一定の評価はされます。

 

経験してきた業種や仕事が違くても、そこに共通する何かの『軸』があり、
応募先へのアピールにつながるのであれば、理解してもらえるかもしれません。

 

お客さんが似ていたり、営業スタイルが同じなど。
転職歴が多い人は共通化する軸がないか、キャリアを見直してみましょう。

 

また「1社目の営業会社では、新規開拓の営業を2年半続け、2社目のIT会社のエンジニアとして
働いた経験の両方が、3社目の技術営業としてのキャリアに活きた」

 

といった言い方のように、転職を繰り返したからこそ身についたスキルを、逆にアピールする
のも1つです。

 

 

 

『今振り返ると、その時の決断は甘かった』と共通化できない会社・行き当たりばったりに
転職した会社は、いさぎよく素直に悪いのを認めましょう。

 

そこで終わりにせずに、「失敗から何を学んだか」ことを加えて伝えます。

 

 

 

応募先の企業への入社が最後であることを、最大限に伝えるようにしましょう。
禁煙してた人がタバコを隠れて吸っていたのを見つけられ、「もう繰り返さない、やりません」
と言うのと一緒です。

 

 

○ベンチャー企業・中小零細企業・外資系企業では評価されることも

 

上のタイプの企業の中には『1つの仕事だけでなく、複数の仕事を何でもやってもらわないと困る』
という会社があります。

 

逆に、複数の会社を渡り歩いて仕事をした経験が、活きることをアピールすれば
好意的に評価をもらえる場合もあります。

 

転職歴が多い人はこれらの求人を狙ってみるのも良いでしょう。

 

 

○報酬をアップさせたくて、転職を繰り返したは×
 仕事に関連した目的にする

 

たとえ「給料アップをさせるために3社経験した」「休日を土日休みにしたくて転職した」
という本音の理由があったとしても、それを面接の場では喋らないようにしてください。
条件面を理由にするのでなく、仕事に関連させるようにしましょう。