転職エージェントの裏側



という流れです。

特にみなさん登録者の側から見えにくい部分についてお話しします。

(1)求人獲得

ここではエージェントの担当制が、分業・両面型にせよ、中途採用をやりたい企業に対して
営業を仕掛けて求人を獲得するタイミングです。

みなさんが紹介される求人は、ただ用意されているのでなく、営業がとってきた求人が紹介されています。
僕は企業担当やってましたが、基本は新規開拓バリバリの飛び込み、営業電話をかけまくります。

新規訪問&転職エージェント使いませんか?という商談を繰り返します。

企業に手数料の件を話をして契約をします。

中途採用をやりたい会社で、企業から直接に問い合わせが来て、求人につながる例もままあります。


(2)次にエージェントを使いたい企業に対して、求人内容のヒアリングをおこなう段階です。

企業担当の営業が訪問しておこないます。

・どういう年齢で
・何の仕事をする人か
・どんなポジションか
・募集する背景
・年収や条件面

の仕事内容の質問の他に、求人企業の

・事業内容
・強み
・業界への質問

などのヒアリングをおこないます。

場合によっては、転職アドバイザーも一緒に同行してもらい、企業への求人ヒアリングをおこないます。
その方がアドバイザーが直接に担当者と会うことになるので、求人への理解が深まるからです。
(いい印象をもってもらえば、それだけ応募者が増える、という営業側のメリットも実は裏にあります)


(3)企業担当が、登録者に見てもらう求人内容を作成します。

作成後、データベースに求人をのせる処理が行なわれて、社内で求人が流通されます。

その後にエージェント社内向けに、企業担当が、アドバイザーに対して求人内容をミーティングで説明する場が
設けられます。

ここの場では、企業担当が求人内容の説明がいまいちだったり、肝心なことを分かっていないと
ボコボコに批判されます(笑)

企業担当による求人のプレゼンテーションみたいなものですね。

アドバイザーは後ろに自分の登録者が控えているし、企業担当は後ろに求人を出したい企業が控えているのでお互いに真剣です。「この情報がなきゃ登録者に紹介できないよ」「ここはどうなの?あやしくない?」なんて言われて(笑)

営業が求人企業に再度、質問し直しなんてこともあります。


・求人には裏スペック、というものが存在します。

おもてだっては、書けない求人企業の求める人材像、のことです。

・3社以上の転職歴は不可
・○○業界の出身者、会社名○○の出身者は過去の入社者で相性が悪いから不可
・応募は男性のみ

などです。

エージェントによってはこういうことを特記事項として書いておきます。

企業ごとにオーダーの癖がちがうので、実際の採用ではこういうケースあります。