受けたくない仕事の紹介

ごり押ししてくるのか、強引なのか理由と対策を説明します。

ごり押しされるフェーズは、転職エージェントを利用していれば2箇所であると思います

1 アドバイザーから求人の紹介や応募時のごり押し

2 内定が出た後に入社するかの意思決定時のごり押し


ここでは1の求人案内と応募時のフェーズの際のごり押しをお話しします。

(1) 希望と合わない求人を紹介される

(2) バンバンとたくさんの数の求人がメールに送られてくる

(3) 応募しないとチャンスを逃しますよ、と無理に受けさせようとする


などでしょうか。


まず理由の1つは、転職アドバイザーの「ノルマ」ですね。

アドバイザーは転職決定者の人数でノルマをおっています。

ここからはエージェントごとにわかれますが

・求人送付の件数
・登録者を企業に応募させた数
・面接に行かせた数

などの『転職が決定する前の段階』にもノルマを負っています。

求人送付件数は1か月であなたの登録者合計○人で、合計○枚

といった形です。


そうすると、(2) バンバンとたくさんの数の求人がメールに送られてくる

のごり押しですが、求人送付の件数のノルマが足りていないと

自分が面談した登録者にバンバン案件を送付して、困らせてしまうこともあるでしょう。


または、あなたの希望とアドバイザーの考えにズレが生じている可能性があります。


・あなたが転職したい時期
・どのくらいのペースで求人を送ってほしいか
・仕事がどのくらい忙しいか

を面談時にアドバイザーが把握せずに、その求職者に合った案件紹介ができていないケースですね。

仕事が激務でしたら受けられる会社も少ないと思いますので厳選して求人を出してほしいですしね。

こういう時は遠慮なく、自分の希望をやんわりと伝えてしまってかまいません。

あとは転職エージェントの商売は、求職者を稼働させて(転職活動を始めさせて)なんぼ
なので、ちょいちょいとちょっかいを出して笑、動いてもらいたいという意識も働きます。


(3) 応募しないとチャンスを逃しますよ、と無理に受けさせようとする

これも面接に行ってもらう数を増やすノルマのため、かもしれませんね。

一方で本当に心配している場合、チャンスを逃してしまうケースだってありえます。

お宝ものの求人で、タイミングを逃して応募しないと、他の登録者で決まってしまい求人が充足します。

元エージェントの私から見ても、もったいないのにな、と応募のチャンスを逃すケースだってあります。

後から「あのー前に送ってくれた求人ですが、どうなりましたか?」なんて
言っても遅い、となってしまいます。

本当なのかどうかの見極めは、一般の利用者では難しいと思います。
その担当者の言動・態度から「信用に値する人物か」で判断するしかないです。


【対策】

・あなたがしてほしいこと、してほしくないことを明確にする

・エージェントに何をしてほしいかを明確にする

・それを遠慮しないではっきりと伝える

・最後の手段は担当者変更

になります。

エージェントだって手探りであなたへ案件を紹介している可能性もあります。
あなたの希望があいまいだと、その転職アドバイザーのやり方で押し通してしまうこともあるでしょう。


お客さまは登録者のあなたなので、遠慮なくアドバイザーに失礼がない形で
希望を伝えてください。

意識のもちようとしては、下から目線でなく、「使ってる」という感じでかまいません。(ですが態度にあらわすと不利になるのでやらないでくださいね)