転職エージェントの登録拒否

転職エージェントになぜ登録を断られるかを説明します。

断られる理由

1 「年齢とキャリア」のバランスを見て、紹介できる求人が少ない(ない)

2 不景気で、エージェントにある求人件数が非常に少ない状態だった

3 そもそも人材紹介のサービスで対象にしていない仕事だった

4 登録者のキャリアが、エージェントの得意分野とずれているため紹介できる求人がない


があげられます。


1は、あなたのキャリアが、エージェント側から見て、「今もっている社内の求人」と照らして、紹介できる案件が極めて少ないと、登録を断られる理由になります。

30代でアルバイトの経験しかない、とか
59歳で高年齢でほとんどその年齢ゾーンの求人がないとなど、です。

「年齢とキャリアのバランス」というのは一般人が判断するにはなかなか難しいと思います。

とりあえず、「エージェントに登録するだけならタダだから、登録してみては?」
と個人的には思います。

求人というのはそもそも景気動向によってかなり変わってくるからです。

また、あるエージェントでは登録がダメで、他の会社ではOKで面談も来てください
と言われるケースもままあります。

仮に30代で7社の経験だったとしても、それが有効求人倍率が高いIT技術者や建築エンジニアだったら、普通に登録を受けつけるエージェントもあります。

そんなに敷居が高いサービスでもないので

機械のように、何歳だからダメ、学歴がこれだからダメ、転職社数が多いからダメということはありません。

あくまでエージェント側で、「今もっている社内の求人と登録者のキャリアを見て」総合的に判断されています。


2は不況になると転職エージェントの求人件数は非常に少なくなります。

不況のタイミングで登録をすると、求人件数そのものが大幅に少ないので、
景気が普通の時には問題なく、登録と求人紹介できていた人が、

不況のため求人がとんでもなく少ないために、紹介ができないケースですね。

事前にそれが分かっているので、結果として登録を断られる、という理由になります。

一度断られたからといってもひょっこり2年後に登録してみたら
受付をしてもらえた、というのもあります。


3 そもそも人材紹介のサービスで対象にしていない仕事だった

転職エージェントにある求人はほぼ「ホワイトカラー職種」です。

下のような職人系の職種の求人は対象外です。特殊な専門職、
芸能人とか警察官などの仕事もほぼないです。



○○の職人の経験しかない人が、同じ職人の仕事を希望していたら、それは断られる理由になります。

今は職人をしていても、転職エージェント内にあるホワイトカラー系の職種を希望する場合は登録を受け付けてもらえるエージェントはあります。

4は、経理専門、メーカーのエンジニア専門の何かのジャンルに特化した転職エージェントに、畑違いの営業の仕事しかしていない人が、営業を希望して登録した場合も
紹介ができないので断られる理由になります。