ブラック企業の見分け方

ブラック企業に転職で誤って入らないために、その見分け方を説明します。


・ブラック企業の見分け方について


1 社歴にくらべて、従業員の平均年齢が若い傾向
  平均勤続年数が短い

2 求人内容が具体的かどうか

3 年がら年じゅう求人を打っているか
  =求人の割に従業員数が増えていない

4 急募の求人が多いか

5 派手なアピールばかりしている会はダメ



これは

会社に勤めても長く残る社員がいないために

入っても40代50代までずっと残り続ける社員はごくわずか。
永遠に若い20代が中心に入ってはやめてを繰り返している
社員の定着が悪い=何か問題があるから

結果として
    ↓
・従業員の平均年齢が若くなる傾向

・平均勤続年数が著しく短くなる

になります。
従業員はずっと働き続けるのがしんどいから、途中で辞めてしまいます。

これが平均年齢と勤続年数の2つの数値にあらわれます。


たとえばブラック企業ランキングの常連の

OA機器、携帯電話販売の光通信は

平均年齢 31.4歳
平均勤続年数:4.3年

創業25年

です。


創業から25年続いていても、従業員が平均で働いている年数は4年たらずです。

一方で石油卸売の出光興産は

平均年齢    43.2歳
平均勤続年数  22.9年

創業70年

と創業年数がちがうのでいちがいにはいえませんが
勤続年数は、光通信の5倍もあります。
(ちなみに出光は、家族的な社風で平均年収が900万円で離職率は激低いです)


2 求人内容が具体的かどうか

やたらと抽象的な表現ばかりで求人をアピールする会社も要注意です。

「元気がある会社」
「アットホームな職場」
「やる気だけで来てください!高収入実現!」
「実力主義で若手に任せる社風」
「バリバリ働ける」

といったようなうたい文句です。

本当にアピールできる点がある会社でしたら
求人の文字数は限られているので、こんなに抽象的な表現は使わず、

「○○という製品で市場シェアは○%」
「従業員の離職率は○%の低さ」

といった「具体的で客観的な数値や情報」でアピールしようとします。

ブラック企業はこういう風なアピールができない(=できる点が何もない、まがいもので、裏があるから)ぼかした表現でしか求人が書けないのです。


あとは職種名を、やたらと横文字のかっこいい言葉で、つけたがる会社も注意です

通信コンサルタント → ネット回線のプロバイダの営業
経費削減アドバイザー → 太陽光発電の営業

いずれも新規開拓でノルマがきつい営業職です。

つらいのがバレると、人が集まらないのでかっこいい仕事名をつけて
1人でも多く応募者を集めようとします。


3 年がら年じゅう求人を打っているか
4 急募の求人が多いか


求人を1年を通してずっと出している割には、従業員数が増えていない
ということでしたら

10月

・既存社員がやめる マイナス3人
  ↓
・新入社員が入る  プラス3人

と辞める人数が多いと入れ替わりが激しければ、求人の割に社員数は増えません。

辞める社員が多い=問題があるから といえます。


また急募の求人というのも裏を見ないといけません

本当に欠員が出て、抜けた穴が大きいから
急募にしている求人ならいいのですが、

社員の頭数を増やしたいがために、募集をしているだけの会社もあります。
人を育てる気がなく、辞めたいといえば、はいどうぞという感じで
従業員を駒の1つ=使い捨て、としか考えていないような会社かもしれません。


5 

芸能人とパーティーをした
社長室が立派すぎる
○○という会場を借り切って打ち上げをした
会社には豪華な○○がある

といった本業以外の部分にお金をかけすぎる会社

実像よりデカく見せすぎるというのもブラック企業の臭いがプンプンします。

真面目な会社であれば、地味に本業に打ち込んで事業を伸ばそうとするからです。