転職 安定した業界・企業

転職でつぶれなさそうな会社を見分けるのには


1 営業利益率
2 自己資本
3 何年続けて黒字を続けているか

の3点も頭に入れておきたい項目です。


1 営業利益率とは

利益 ÷ 売上 の割合です。

売上に占める利益の比率で、どれだけ効率的にお金儲けしているかが
わかります。

これが高い企業、業界平均にくらべて高いのも倒産しにくい優良企業です。

キーエンスという会社があります。工場で異常を検知したり、チェックをおこなう「センサー」という工業製品をつくるメーカーです。

売上は1650億円  営業利益は760億円で

営業利益率は46%あります。

これは製造業の中ではトップといっていいくらいの数字です。

自動車のホンダは

売上が9兆8千億円  営業利益は5400億円で

営業利益率は5.5%です。

ホンダにくらべて、キーエンスは規模は小さいですが
非常に儲かっているのが分かります。

儲かっていれば、リストラする必要性もなく、変なことさしなければ
つぶれる心配もないので優良企業といえます。

キーエンスは営業利益率が高く、平均年収も34歳で1340万円とすごい高いです。(その分で激務としても有名ですが)


2 自己資本比率


自己資本とは、

会社にある全部のお金のうち

銀行などに返す必要のないお金(=過去の利益で貯め込んできたお金)

のことをいいます。

この金額が多い会社もつぶれにくいです。

例 2社の銀行口座のお金


A社  300億円 (銀行から借りたお金が30億円)  

B社  2000億円 (借りたお金 1700億円)   

の2社があったとしたら、A社の方がつぶれにくいです。

借金が少なく、貯金が多いので仮に業績が悪くなっても
今までの貯金(自己資本)で食いつなぐことができます。

家庭で考えたら、 Dさん 貯金300万円(借金なし)

         Hさん 貯金600万円(借金500万円)

貯金が多いのはHさんですが、借金も多いので差し引き100万円です

失業してずっと仕事が決まらずにいても、差し引きのお金が多い
Dさんです。

会社もこれと同じです。

たとえばゲーム機器大手の任天堂があります。

任天堂はパズドラなどのスマホのゲームに押されて、業績が悪く2期連続で赤字を繰り返しています。

ですが、過去のゲーム機のヒットで儲けて貯め込んだお金がたんまりあります。

自己資本(会社の貯金)が8千億円も持っています。
赤字が2013年度は300億円なので、仮に赤字だとしても

8千億円の貯金から300億円を切り崩しても、まだまだたくさん
のお金が残っています。

このような余裕があるので、今のところ任天堂は派手なリストラはしていません。


3 黒字が続いているか


安定して利益を出せているか、というのもつぶれない優良企業
を見分けるのに大切です。

とてつもないヒットを飛ばして、すごい利益が出たとしても
それが何年も続かなければ、経営はうまくいきません。

SNSのミクシーは数年前は業績が絶好調でしたが
2013年度は四半期で赤字になりました。
短い期間で好調→不調を経験しました。
そして追い出し部屋をもうけて過激なリストラもおこないました。

もちろん景気の波があるので、利益が思うように出せない年度もありますが、

「細く長く」でもいいので、安定して長い期間、利益を出し続けていれば
それだけ景気の波にも左右されず、たくましく安定して会社が存続している
、といえます。これも優良企業を見抜くのには良いポイントです。


創業年数


安定した優良企業を見抜く上で大事なのは

創業してから何年たっているのか?というのも大切です。

安定を求めるならできれば30〜40年経っているのが望ましいです。

なぜかというと、会社を設立する、起業するのは
資本金がそろえば誰にでもできますが

長く続かせていくのは至難の技だからです。

創業してから3年事業を続けられる確率は約30%です。

会社ができて3年のうちに10社中で7社が倒産している計算です。

10年続けられるのは、さらに7%、20年にいたっては0.5%以下です。

200社あって20年以上生き残る会社というのは、1社だけという計算です。


それだけの数字なので、30年以上残っているというのは
ある意味すごい企業ともいえるでしょう。

さらにもう1つのポイントは

・創業オーナーの後に、社長の代替わりがうまくいったかどうか

という点です。


アップルのジョブスでも、マイクロソフトのビルゲイツでも
カリスマ的な創業者が社長であれば、業績は伸び続けるでしょう。

しかし創業者がいつまでも社長でいられるわけでなく、いつかは
後継者に道をゆずらないといけません。

その代替わりがうまくいかなければ、さらに長く存続できるかはわかりません。

楽天やサイバーエージェントなどの新興のネット企業も
創業者がいて急激に業績を伸ばしましたが、それが代替わりした時に
同じように発展していくかはわかりません。

反対に、2代目、3代目の社長になっても発展し続ける会社というのは
今後も安定して残り続ける可能性が高い、といえるでしょう。


固定客がついているか


固定客がついている、というのも優良企業を見抜くうえでの1つのポイントです。

決まったお得意さんがいれば、ガツガツ新規営業をかける必要もなく
御用聞きのように、訪問すればいいので営業としてはラクです。

また新しくお客さんを探さないと、やっていけないわけでなく
固定でお金が入ってくるので、業績も安定しやすいです。

これはシェアの高い工業製品のメーカーに多い例です。