転職エージェントうつ病

これは正直に伝えた方がいいと思います。

うつ病であったことは、転職では不利に働くことが多いのですが『伝えないリスク』の方が高いからです。

僕の担当企業でもありました。その人は後から症状が悪化して慰留はされたようですが、自主退社したようです。

うつ病の病歴を完全に隠して転職活動をしていました。


転職エージェントは、「うつ病の病歴があるか」はかなり気にします。
(自覚症状ではなく、医師からそう診断された場合です)

なぜならエージェント側が事実を知らずに、企業に採用され、途中で発覚すれば、企業との信頼関係に著しくひびが入るからです。

企業側の味方をしている訳でなく、エージェントのシステムは、「求職者と企業」の両者にバランスを取っておこなうビジネスだからです。

逆に労働基準法をまったく守らない超ブラック企業を紹介されたら嫌ですよね?

「うつ」であるなら、転職エージェントに正直に話して、転職ノウハウや書類の書き方を学ぶサブ的に利用しつつ、自力で活動した方がいいと思います。

(言葉が悪くてすみませんが、エージェントに高いお金をかけてうつの病歴がある人を採用したいと考えるのは少ないため)

また大中小と様々に登録をすれば

サポートを断られる所もあれば、ケアしつつ求人紹介をするエージェントもあります。

後から迷惑をかけるより、正直に話して、それでもサポートをしてくれる会社と付き合った方が、心の引っかかりがなく向き合えると思います。

うつを隠すのが転職でリスクになる理由

・前の会社の源泉徴収票の提出が必要。直近の給与額が記載されるので休職で少ないと「なぜ?」となり嘘がバレる

・伝えないで仮に採用されて後から発覚すると、誓約違反で、最悪解雇になる

・隠して合格して働くと、後から苦しむことになる
 体が不調になると、不まじめ・働けない人だと判断され、クビになる理由になる

・伝えずにハードな業務を任され、後から再発して黙っていたことが発覚すれば これまた異動 or 退職勧奨される

からです。

転職エージェントに黙っておく→ 企業にも隠す ことにつながります。
上のデメリットがありますから、正直に話すことをこのサイトではおすすめします。