転職エージェントトラブル

現職で内定が出た後に、やっぱり辞退して現職に残りたい、という話です。
そして「辞退すると損害賠償になるかもしれない、再考したら?」と脅されたら大丈夫でしょうか。

このようなことを言う転職エージェントは悪い会社です。悪質な部類に入ります。
強引だと思います。僕が働いたエージェントでは考えられない話です。
こんな感じでせまることは絶対にありませんでしたね。


内定後は、応募者に

・判断するのに役立つ情報を提供
・もう1度、転職の優先順位を整理する
・内定先の長所・短所
・不安、懸念点の整理
・転職のメリット、デメリットを教える

ことに徹して、あくまで最終的な決断は登録者にしてもらいます。


この担当者はバカだと思います。絶対いいと言い切れる根拠は何でしょう?
絶対に良いかどうかはこの相談者さんが判断することです。

こういうエージェントが業界の評判を落とします。

良いアドバイザーは、現職と悩んでる人ならなおさら慎重に事を運んでいきます。
無理に転職を決断をさせれば、短期退職、承諾後の辞退をされて企業に迷惑がかかります。

案の定に

この相談者さんは入社を取りやめて会社に残りたいと考えています。


ポイント

・内定後はすぐに返事をせずに返答期限を作らせ、時間をおく。冷静にじっくり考えて結論を出す


・内定したからといって必ず承諾する必要はない。嫌だと思えばいくらせまられようが、きっぱり拒否する
 それに罪悪感を感じることはない

・登録者は内定の承諾、雇用契約書のサインの重みを理解する

 重みづけは

    口頭での承諾  
       ↓
    契約書のサイン   

 の順で、後者の方が重たいです。


・仕組み上は、応募者の内定の受諾は

個人       →  人生の大切な決断

 転職エージェント →  成績の1件

 です。アドバイザーのごり押し、甘い言葉には気をつけるようにする

・1度サインまたは承諾をした後に辞退をしたらめんどくさいことになる
 (これは直接応募でも一緒)

になります。


さらに現職の方は


・今の会社と、内定先の長所、短所を整理
・転職活動の動機になった希望をかなえられそうか


離職中の方のように、転職することは必ずしも必要ないのですから
よくよくじっくり考えてください。

まず結論ですが、このケースであれば

内定辞退をしても、特に企業からは「残念です..」くらいに言われ
それで終わりです。損害賠償はないです。

入社時期が決まってないのですから、内定が出てからそんなに時間が経ってない
と思います。

実損が出うるような時間がたっていないのと早いタイミングで断って丁重に謝れば
企業側も「仕方ないな〜」くらいのニュアンスで済むと思います。

損害賠償を請求されるのはよっぽどのことで、かなりレアです。

回答者は雇用契約書なのか?と疑ってますが、おそらく雇用契約書だとは思いますが
「入社時期を明記しない」という契約書は「...」という感じです。

入社前にもらう書類は

(1)採用内定通知書
(2)労働条件通知書
(3)雇用契約書
(4)就職誓約書


の4つを多くてももらいますので、どれなのかその都度に確認してください。

より罪が重くなるのは

口頭ではの口約束「内定しました→行きます→やっぱりやめます・辞退」

より、契約書の書面に「サイン」することです。

婚姻届でも連帯保証人でもサインしてしまうと証拠がしっかり残ります。
決断にはよく注意してください。

この相談者も「サイン」までして、辞退したいと言い出したのですから怒るのも少しは分かります。