転職エージェント高卒・離職中

転職エージェントは正社員の求人の紹介を行っています。
下の条件の登録者は受け付けているか、お答えします。


○転職エージェントは高卒での登録は大丈夫か?

問題ありません。高卒でも正社員での勤務経験や、派遣社員でも(IT系などのニーズが高い派遣社員、専門的な仕事、事務でも可)をやっていれば登録は受け付けています。

求人ではよく「大卒以上の学歴が必要」とありますが、そういう募集でも実際は高卒でも受けられる会社があります。

僕は求人票をつくる側でしたが、「とりあえずで大卒以上」の学歴にチェックを入れている会社もあります。

募集要項の学歴欄に「大卒以上」としている会社は

1 絶対に大卒以上じゃないとダメ
2 とりあえず大卒にしている、深く考えていない
3 良い人だったら高卒でもいいよ

という具合です。

1〜3のどの状態かの見極めは転職エージェント側でできます。

1は、正社員のほとんどすべてが大卒の会社です。
よっぽどピッタリなキャリアでなければ、何をやっても通りません。

2・3番は、転職エージェント側からの押しで、学歴のネックを突破させることもできます。

信頼関係ができている企業には

人事に「この方は学歴は高卒ですが、〜という点で御社に合っています。人物面も評価が高いので
1度会っていただけないでしょうか?」

みたいな感じで伝えます。「○さんがそういうのでしたら、会いましょう」と
企業からの了承もとれ、自力で受けていたら学歴で書類選考で不合格になる会社でも
突破させたりします。


○無職・離職期間が長くても大丈夫か?

無職でも離職期間が長くとも、正社員や、派遣社員(上の条件)が過去にあれば大丈夫です。

なぜ今は無職なのか、離職の期間が長くなっているのかは
面談で念入りに聞かれるとは思います。


○結局は登録してみないと何ともいえない

これは逃げのセリフではなく、本当にそうなんです。(笑)

なぜなら、登録者と面談するかどうかは、決まったルールがあるわけでなく「その時の状況」に左右されるからです。

・ストックする求人の数や、あなたの経歴とかぶるものがあるか
 (求人は生ものなので、刻々と変化する)

・景気の良し悪し

・不景気だと求人少ない、リストラ多い → 登録者がわんさかくる → 面談の受付を絞りがち

・好景気だと求人増える → 登録者は求人にくらべ少ない・条件ゆるまる →面談の受付を広げがち

できまる側面があるからです。3年前に拒否されたのに、好景気の時期に再び登録してみたら面談ができた、という話は珍しくありません。

またある会社ではダメなのに、ちがう所に登録したら受け付けてもらえた、なんて話もザラです。

どう判断するかは会社しだいなので、まずは気にせず登録してみることをおススメします。