転職エージェント重複

複数の転職エージェントに登録すれば、案件がダブって紹介されるのはよくあることです。

正直に「他の会社ですでに紹介してもらった案件です」と話をしましょう。
別に悪い感情はもちません。

嘘をついてまだもらったことがないです、という意味はありません。

まだ紹介されただけで、受けてないのでしたら

A社・B社どちらから受けても問題ありません。

・どっちの担当者が好感をもてるのか
・どちらがその案件の企業情報をたくさんもってそうか

で判断するしかありません。

ビジネス的には最初に案内があった所が優先されるでしょうが
その会社が気に入らなければ、後からの会社で受けてたとしてもいいです。


希望はどこまで伝えればいいか?


求人を見せてもらったが、「仕事内容は合うが、給料が低い..」
と完璧に希望通りでない案件だとしたら

どこまで本音で伝えればいいのでしょうか?

こと細かに伝えると、「うるさい人だ」と思われるのでしょうか?


→細かく希望は伝えても大丈夫です。

ただし

・希望の譲れない条件と、譲れるものの線引き

・優先順位

を自分の中で明確にしたうえで、伝えてあげてください。

エージェントでは、なるべく登録者の意向に沿った求人を紹介したいと考えています。
なるべく細かく教えてあげた方が、マッチングの精度は上がります。

一方で『全部の希望にかなう案件』は中々ない、と考えておきましょう。

賃貸アパートの部屋探しと一緒で、どこかで妥協するポイントが出てきます。
(例 駅から離れてもいいから、ペット可のマンションで妥協)

優先順位をあらかじめ決めておけば、

「休日数はあまり意識してないので、年間休日120日なくてもいいので
とにかく仕事内容がピッタリ合う求人をお願いします」

などと、どこの条件を譲った仕事ならOKなのか、をすぐに伝えられます。

アドバイザーと妥協点を加えた求人の話をしやすくなる方が早く紹介してもらえます。


他社でも紹介された求人の意味


転職エージェントに数社に登録すると、何社かから同じ企業の求人を紹介されるかもしれません。
「なんだダブってるよ」と思うのでなく、複数からおんなじ仕事を紹介されるということは

1 積極採用をする勢いがある業界。どんな企業が積極募集をしてるかが分かる

2 現状で合格可能性が高い、あなたのキャリアにピッタリとマッチした求人の可能性

であることが分かります。


1は、時代ごとに積極採用をする業界というのは違います。

新しくできた業界、業績が伸びている業界は採用意欲も旺盛で、積極採用をします。

新しく始まって日が浅い業界なのですから、経験者はほとんどいません。

求人の求める条件も当たり前ですが、「業界未経験者を歓迎」で比較的ゆるめだったりします。

1990年代前半 コンビニ・製薬MR

2000年代前半 ネット広告、Eコマース

2004〜2007年  人材業界、医療施設

2012年前後  スマホアプリ・ゲーム

といった具合に時代ごとに勢いがある分野があり、新規採用をガンガンやります。

転職エージェントには、手数料を払って優秀な人材を集めたい新興業界、企業の依頼も多いです。
こういった業界に思いきって飛び込んで、先駆者になってキャリアを構築するのも1つです。

業界が伸びていけば、自分がベテランになるのですから、数年後には役職アップし、年収アップできる可能性があります。

面談の質問で

「勢いがある業界は今はどこですか?」と聞いてみてください。

どっさり求人紹介されると思います。(笑)

さらに逆に、自分の働く会社が「斜陽産業、傾きそうか」も分かります。


2は、

複数のエージェントでおんなじ仕事を案内された、ということは

あなたに『紹介しやすかった』と判断できます。


『紹介しやすい』ということは
   ↓

・大量募集で誰にでも案内しやすい

・あなたの経歴にピッタリとマッチするから

のどちらかです。アドバイザーに「上のどちらですか?」と聞いてみてください。
(前者は遠まわしに聞いてください笑)

後者であるなら、合格しやすい・現実的な転職の選択ができる企業、一緒に現在の自分のレベルが分かることになります。