転職 上司への伝え方

転職を上司に伝える方法を解説します。

僕も2回転職を経験しています。上司に伝える前は「ドキドキと、やっと会社とおさらばできる」という気持ちが入り混じっていました。

不満がたまって嫌な会社に勤めてた人でしたら、上司に転職を伝えるタイミングは
ある意味で決定的な瞬間かもしれません。


ベストなタイミング



→内定通知書をもらったタイミングです。
もらっていないとリスクがあります。

コツとしては、上司のストレスが溜まっていないタイミングがいいです。
上司の顔色をうかがってください。1日のうちの忙しい時間帯や、上司が
上役から怒られたタイミングに伝えると、自分にもとばっちりを食います。

就業時間外にいいます。昼休みや定時が終わる夕方や夜でもかまいません。


何て伝えればいいか?


「ちょっといいでしょうか、個人的な相談があります」と上司に伝え
「すごく真剣に考えた末」というニュアンスで「転職、退職すること」を伝えましょう。

「自分が本音で思っていること」と「上司に伝える理由」は
もう絶対に転職すると決意が固いのであれば、分けて伝えてください。




本音 → 給料が低い    上司へ → 仕事でやりたいことが見つかった

本音 → 人間関係悪い   上司へ → 労働環境が悪い、休みを増やしたい

へたに「自分が本音で思っていること」を伝えると

恋愛で恋人と別れる際の「ダメなところは直すからさ、だから別れないでくれ」
と同じ理屈で

上司が「君が不満に思っている点は改善するから」と慰留されてしまうからです。

そうすると「改善してくれるなら..」と気持ちに迷いが生じます。
それを避けるためです。

本音を伝える義務はありません。本音とはちがう理由を言うことで、

たとえ会社側がどんなにこういう風に改善するからと言われても
気持ちのぐらつきがおきにくいです。

もちろん転職すれば二度と今の会社のドアはまたがないので
このタイミングで不満に思っていたことをぶちまけてしまってもかまいません。


新しい転職先の会社名は、上司に伝えるか?



これはやめておいた方がいいです。

僕の1社目に経験した会社の先輩で実際におきた例ですが
同業他社への転職が決まった先輩で

上司に「○○という会社に転職します」と伝えたところ
在籍中の会社と、転職が決まった会社の社長同士が偶然に仲がよくて

社長が転職先の会社に文句を言って、内定が白紙になった例がありました。

そうでなかったとしても会社名を伝えることで、どんな嫌がらせを
受けるかわかりません。

さらに法的にも転職先の会社の名前を伝える義務はありません。
もし聞かれても「お伝えできません」で通してしまって問題ないです


基本スタンス


・退職したいとあなたが言った時点で、「あなたと上司の利害がぶつかる」

という点を忘れないようにしましょう。

どんなに仲が良い上司と部下の関係でも

転職が決まったと伝えた時点から、上司とあなたの利害がぶつかります

・あなた→転職先が決まったから1日も早く会社からおさらばしたい

・上司 →部下を転職させることは管理責任が問われる。人事評価でマイナス
     引き止める必要がある

となります。
ですから、上司に気を許しすぎると足元をすくわれる可能性がある、という点を理解しておきましょう。