転職と学歴・年齢

よく「転職は35歳までにしないといけない」といった『適齢期』といった言葉を
聞きますが、これは本当なのでしょうか?

転職エージェントの企業担当として千人以上の採用に関わった経験がある
僕の考えは

転職に「適齢期はない(*ただし条件付き)」です。

どういうことかというと

『年代ごとに求められるスキルや業務経験が違っている』ので


一概に「35歳を過ぎると転職が決まらないか」、というと経験上そういうわけではないのを知っているからです。

高い年齢なら高いなりの業務経験を積んでいて、そのキャリアが、募集企業の
求人にマッチしていたら、普通に内定が出ます。

*ただし年齢が高いほど求められるスキルのハードルが上がるのと、20代の方が断然、採用したい企業の求人が多いです。


自分のキャリアの売りドキは

・その人の積んできたのがどんな業務経験か

・その経験が今の転職市場でどれくらいのニーズがあるか


といった観点でも変わってきます。


転職エージェントとして、何千枚の履歴者、職務経歴書を見ていると


「この人、もったいないな〜、あと2年転職を我慢して、前の会社の
○○の仕事の経験を積めばもっと高く自分を売れるのに、離職して○○の未経験職種に転職したいとか、もったいないね〜」

とオフィスで心の中で思ってたりします。

今の会社を辞めずにじっくり経験を積めば、「売れるキャリア」になる20代の若者の「早すぎる転職」も目にします。


逆に、好景気で求人がバンバン出ていた時のタイミングを逃すと
景気が落ちた特定の業界は求人を出さなくなりますので、

「あー1年前ならこの人のキャリアだと○○という会社だと決まって、年収が○万円
アップできたのに、タイミング逃しちゃったね」

とタイミングを逃した「遅すぎる転職活動」も目にしました。


ですのであくまで「転職の適齢期」を考える際には

・自分の今の仕事の経験年数

・どれくらい自分のキャリアが、求人企業にとってニーズがあるか

・経済の景気の良しあし、自分が働いている業界の景気の良しあし

など色んな要素があわさって決まる、と理解するようにしましょう。


転職と学歴が関係あるか?


・ケースバイケースだが、中途採用だと新卒ほど問われなくなる


と言えます。

なぜかというと、転職は新卒の就職活動とちがい

「今までの業務経験=キャリア」に価値を置き

今までのキャリアを買ってもらうものだからです。


新卒の就職活動 → 学歴 + 自己PR


転職の中途採用 → 今までのキャリア

            がどれだけ

         求人の求める能力にどれだけ合致するか

と重視されるポイントが大きくちがいます。

ですが完全に学歴が関係ないかと言えば、そうでもありません。

たとえば裏スペックといって、一部の大手企業や
学閥がきつい金融機関では

紹介は早慶クラスのみとか
日東駒専以下はNG

と表だって求人では書けない条件を、転職エージェントには
伝えておいて、社内選考ではじくことがあります。

ですがこういうのは例外ですね。


大半の企業は聞いたことがないFランクの大学名でも、
求人で求めるスキルがピッタリであっていれば、内定を出します。

即戦力ですぐに働いて結果を出してくれる応募者が1番ほしいのです。

いくら立派な大学、東大を出てもフリーターしかやっていなければ
転職で採用されることはほとんどありません。

学歴が低くても、職務経験をしっかり積めば
転職活動ではアピールが充分にできます。


学歴は、優先度は上下しますが資格や特技と一緒で
もちろん高ければ、印象をよくする項目の1つにはなります。

転職エージェントに勤務時代、企業に応募者の履歴書を提出する際に

「○○さんは、大学が慶応なのね〜、ふーんそうなんだ」と印象をよくする
項目の1つに数えられるくらいです。


学歴が足りないのはどうか?



求人の応募条件の中に

・応募は大卒以上
・専門卒以上

と区切っている場合です。


これも新卒採用に比べて関係ないことが多くなります。

求人にいちおう便宜的に「大卒以上」としているだけですね。

とりあえず求人に、学歴の区分のチェックをつける必要があるから
「大卒以上」にしてみたくらいのニュアンスです。

大卒レベルの一般教養は身につけておく、と


絶対に大卒以上じゃないといけない、
と must要件にしている企業はそんなに多くないと思います。

だから「自分は高卒だから応募できないのか」とは考えずに
積極的にチャレンジしてみるのがおすすめです。

求人に求められるスキルと、あなたの業務経験がピッタリあえば
学歴がたとえ高卒だとしても問題なく面接をクリアできる可能性があります。

学歴の不利を超える実務能力があればそちらに採用担当者の目がいきます。

高卒で大卒以上の条件だったとしても
面接で「学歴は高卒ですがそれが不利なのが分かっているので
○○の勉強をして大卒と変わらない教養は身につけています」

と補っておけば、それで学歴の部分はクリアになる企業もあると思います。

ただし、自分が専門卒で、周りの社員が大卒ばかりだと、大学を卒業しているのが話の前提で話になります。飲み会の席や雑談の中で、同僚が大学の頃の話をしていると、自分はついていけないという可能性はあるのは理解しておきましょう。

ですがこれも本来の仕事とは関係ない部分なので、ここを気にして
チャンスをものにしないはもったいないですので、積極的に考えてみましょう。