転職 会社の成長ステージ

転職でキャリアをアピールする際に見落としがちな点を説明します。

・企業の成長ステージごとに得られた能力

になります。

特に一般のメンバー社員の求人というより
マネジメント層や、現場のリーダークラスの求人募集に役立つ情報です。

企業の成長は子供が大人になるまでの成長の段階と似ています。
(例:赤ちゃん→幼児→小学生→高校生→大人)成長のステージがあります。

ヨチヨチ歩きの軌道に乗っていない段階から、順調に成長すれば
大人のようにしっかりとした大きな会社になります。


例としては

企業は、創業から何とか軌道に乗せて、さらに成長して、上場する予備軍と
いえる状態までになると

管理部門や営業体制の強化をはかる必要が出ます。
(上場の審査の項目の1つに、管理体制が整っているか、という点が見られるため)

そうすると経理や経営企画の経験者、営業のマネージャー候補を募集することが
よくあるのですが

その時にほしい人材として挙がるのが、自分たちの企業より先のステージを経験
した人材になります。

上場をしようとしている企業が

・上場をさせた経験がある人材
・その規模の成長企業で働いていた人材

を採用すれば、自分たちにないノウハウを持っているのでメリットがあります。

そういう時に面接で

『あなたの会社が、これから経験する上場というステージを

すでに私はこういう経験で知っています。役立ちます』ということをアピールできれば
企業は前のめりになって話を聞いてくれます。採用背景に沿った的確なアピールにもなります。

反対の例もあります。

大きめの老舗企業で新しい子会社を設立して、未知の事業分野に進出しようとするとします。

まったく未知で、ゼロから事業を立ち上げるので、起業するのとほぼ同じです。

そういう時にすでにいる社員だけだでその子会社をやらせたとしたら

老舗の出来上がったシステムの中で働いた大企業の社員は
起業意識が薄い人が集まりがちです。

優秀ではあるが、ガッツや挑戦心が薄い人材に、子会社の運営をさせて、ゼロから事業を
立ち上げさせるのは荷が重たいですし、成功の可能性も低くなりがちです。


そういう会社の求人で

もし自分の経験が、「設立2年目の会社に転職して、自分も一員となって幅広い業務を経験、
旗振り役になって事業を軌道にのせた。その会社は自分が退職するまでに売り上げが1.5億円→15億円まで拡大した」

という経験をアピールできれば、老舗企業にはない立ち上げの経験、成功させたノウハウ
をもっているので、子会社の脇を固めてくれる幹部候補として

これも前のめりになって話を聞いてくれるでしょう。

このように、自分が「営業を○年、経理を○年」といったどんな仕事ができるか以外の軸で

・どんな成長ステージの会社で業績の発展に貢献したか

という『企業の成長の軸』でのアピールも効果的なのを知っておきましょう。

採用の募集背景とからませることで、強いアピールができます。

次にそれぞれの成長ステージで得られるスキルを列挙しておきます。


創業期

 ・経営者視点
 ・自分の専門だけでなく、幅広い業務を経験
 ・サービスの企画から実務までの一貫した経験
 ・事業と会社の立ち上げ


成長期

 ・経営者視点、事業ごとに全体を見る視点

 ・サービスの企画から実務までの一貫した経験

 ・自らプレーヤーとしてサービスを運営しつつ部下も指導し育成。
  部門の管理もおこなうプレイングマネージャーとしての役割

 ・拡大にともなって社員も増加。今まで幅広くこなしていた業務を、社員に分ける必要が
  あるので、その業務の振り分け

 ・自分の仕事以外の業務も兼務。幅広く対応できる