転職1年未満は不利

1年未満の会社の在籍での転職・退職は不利になります。

・第2新卒、20代
・30、40代

では与える印象がことなります。ですがどちらでも不利に働くのはたしかです。
ここでは第2新卒、20代の若めの年代をベースにして説明します。


1年未満の退職とは?


転職業界で働いた僕の経験上、分かりやすく例えると

1年未満の退職は

・「消えない傷」がついた、キズモノ
・結婚歴でいう未婚でなく、離婚歴がある バツ1になった

くらいのイメージでとらえられます。

もうどこにも就職できない、といったそういうレベルの数字ではありませんが
キャリアの中で「暗い影を落とす数字」であると言ってもいいかもしれません。


そもそもなぜ1年未満がダメなのか?


1年未満はダメといいましたが、そもそも理由はあまり明確にはありません。

テストの点数の90点と80点の差のように、誰が見ても違いがある
評価の物差しでもないです。

10か月はダメで、13か月はイイといった白黒はっきり分けられる
ものでもありません。


総合すると理由は


・1年のもつイメージの問題

「1年」というのは、区切りがいい数字です。カレンダーやら誕生日やら野球のペナントレース、様々な基準になる数字です。企業の業績の締め、経営計画にも利用されます。

そういう数字なので、履歴書を見た時の印象で1年4か月の退職ですと
「まあ1年は辛抱したんだな」とイメージされやすいです。

あとは業務のひと通りの流れを経験するのが、1年というスパンであるのも多いためです


・1年は経験がないと、面接でアピールしにくい

4か月で辞めて、いくら面接で「私は○○の能力を高めた」と
熱心にアピールされても、下手をするとバイトより在職期間がないので
全然説得力がありません。
さらに業務の経験が少ないので、何をアピールすればいいかも見つけにくいです。


・短いスパンで辞める人材は嫌われる

すぐにまた辞めるだろうと思われます。

企業は人材を採用するために、部署の受け入れ体勢を整える、人材会社に採用費用を支払う、研修のために人材とお金をかける、とコストをかけて人材を採用しています

そのような状況で、3か月とか8か月などで辞めたような人材を雇いたいと
思いますでしょうか?すぐにまた辞められれば、コストも手間も無駄になります。
だから敬遠したいのです。


○どんな不利な点が転職で出るのか?

・書類選考の不合格率が高まる
・1年も耐えることができない人材なのか、と思われる

になります。

最初に話をした通り、基準になる数字で、超えてないとマイナスな印象をもたれるので
「1年も耐えられないストレスに弱い人間、社会人としてダメだ」と思われます。

実際の転職活動では、書類選考で落とされる確率が上がる、と考えておきましょう。


第2新卒や20代の若い年代の人へ


転職をしたいと思っている人は、「1年だけ」我慢してください。
どんなにくだらない仕事、嫌な人間関係、合わない職種や業界だったとしても
「ストレス耐性を高めるテスト」だと思って我慢しましょう。


○30代以降の年代の場合

すでに会社にじっくり腰を落ち着けて「20年勤務している、15年働いている」
というケースです。



1社目  

      ↓在籍15年  

2社目    

      ↓在籍6か月

退職(今ココ)


もちろん転職して4か月や5か月で辞めるとマイナスにはなるのですが、第2新卒の若い年代の人よりは影響が下がります。

よくあるのが取締や部長クラスのヘッドハンティングされるような
高年収の人材が、入社後4か月でやめた、など幹部クラスの短期の退職のパターンです。

入社したけど社長と考えが合わなかった、とかはありますね。

もちろん1年未満なので「傷」になるのは確かなのですが
役員や部長になる人材であればそれまでのキャリアも豊富なので
若手にくらべれば「傷」の深さは浅くなります。

ですが面接では、「なぜ短期で退職したのか?」はかなりねちっこく聞かれる可能性がありますね。