転職年収アップ

転職理由で給料が安いから、低い年収を何とかしたい

という悩みは上位にランクインしています。

このことを考えてみます。


1 転職で年収を上げるのはそう簡単ではない

2 業界水準、会社ごとで年収水準は千差万別

  →仕事がきつくても、見合ってなくても上がりようがない業界も

3 どうしても給料を上げたいのであれば、転職することを検討

  →その際は、業界の年収水準、会社ごとの年収カーブをしっかり確認する


4 年収アップの仕方

  →下に4つのパターンで説明


になります。


まず転職で年収をアップさせる、というのは上げたい金額にもよりますが
容易ではありません。

なぜなら、業界ごとで年収の相場が決まっているからです。


さらに中途採用というのは、「今までの自分のキャリア」を、求人を出す企業に売り込むものです。

ですから「年収が低い今の仕事」を売り込んでも、劇的に高くできることは少なく
どうしてもその低い給料のキャリアに引っ張られるものです。

飲食チェーンで店長職にある年収350万円の男性が、平均年収が880万円の
携帯電話会社大手キャリアに転職できるか、というとほぼ無理です。

あなたが所属する業界ごとに年収水準があり、転職は今までのキャリアに
引っ張られるので、A社 → B社と簡単に年収の高い業界にうつるのは難しい

まずはここを理解しておきましょう。


それでも「どうしても給料を上げなくちゃいけない」という事情がある方に
年収アップのパターンを説明します。


1 同業界・同職種で年収ベースの高い会社にうつる

2 自分のキャリアで、転職がきく年収が今よりいい異業界の会社にうつる

3 実力主義で成果給のベースが高い業界に未経験でうつる

4 未経験からの転職が比較的容易で、一獲千金を夢見れる業界にうつる


の4パターンです。
上にいくほど、無理がなく、下にいくほどリスクが高まります。


1はおんなじ業界の企業でも、年収ベースがちがいます。

おなじ○○業界でも、D社は社長がケチで人件費にお金を使わないから
年収が低い。U社は人を大事にする会社で給料も同業他社よりいい、

おんなじ○○業界に属すが
K社は仕事がきついがその分に給料は高め。H社は仕事がゆるく残業少なめだが
給料は低い。

業界ごとにある程度年収ベースが決まっているのですが、微妙に企業ごとに
平均年収がことなります。

それをたしかめるには「ヤフーファイナンス」(→リンク)の
企業概要の平均年収の項目で確認しましょう。




飲食業界

・三光マーケティングフーズ(居酒屋、月の雫 

平均年収 389万円  平均年齢33.4歳


・サイゼリヤ

平均年収602万円 平均年齢32.8歳

おなじ飲食業界の上場企業でも平均年収に200万円以上の開きがあります。


電子部品業界

・ニチコン
平均年収533万円  平均年齢37.9歳



・村田製作所

平均年収650万円  平均年齢38.4歳

両方とも電子部品業界の東証1部上場企業ですが、年収に100万円の開きがあります。

このようにおなじ業界でも

・業界の勝ち組か負け組かどうか
・会社が人件費にお金を使うかどうか

で平均年収で100万円もの差があります。


上は分かりやすいように上場企業で見ましたが、非上場企業でも高い会社は高いです。
規模も業界の大手が高いケースが多いですが、小さい規模の会社でも今の会社より
年収が高いケースもありますよ。


このパターンでは、自分が今働く業界の中で、年収の高い会社を狙って転職活動を
するやり方です。



              転職
飲食店A社店長 400万円  →  飲食店B社店長 480万円

電子部品G社  420万円  →  電子部品I社  520万円

この方法が一番無理がないと思います。

・今までの仕事と同じ職種で転職できる

・業界の慣習や文化が同じだから、転職しても慣れが早い

・企業も業界の経験者として、即戦力と見てくれるので採用されやすい

からです。

注意点としては

・同じ業界だからあなたの今の仕事での評価が、企業の面接の質問によって分かられる

ことでしょう。同じ業界にいれば噂が聞こえます。ダメ社員であれば分かられてしまう
可能性があります。

ですから

・現職の会社の仕事を頑張って優秀な社員になる

ことを目標としてください。そうすると「この人はおなじ業界で優秀な社員なんだな、即戦力だ」と企業が面接で判断してくれます。

やはり中途採用では

同じ業界で働いているといっても、業界の慣習や仕事の流れが同じだけでもあるので
それだけでは、人手不足では採用されやすいですが、不況で求人が少なくなるとされににくくなります

・おなじ業界の、その会社のエース

が企業は1番にほしい、と思うものです。

ここを目指しましょう。目標ができるので今の仕事にも張り合いが出てくるでしょう。


3 どうしても給料を上げたいのであれば、転職することを検討


  →その際は、業界の年収水準、会社ごとの年収カーブをしっかり確認する



Q社420万円の年収のCさん33歳  
   ↓
転職エージェントを通した活動で
   ↓
Y社より 提示された年収が450万円 
   ↓
30万円の年収アップ

こうなって上がっても喜んではいけません。年収アップが転職の第一の目的であるなら

年齢ごとの年収のカーブは必ず確認してください

たとえば


転職が決まったQ社は、実は現職のY社より年収ベースが低い会社であるのに
Cさんがほしいがために、初年度の年収提示だけ高めに出している可能性があるからです。

現在         10年後    20年後

420万円   →  520万円 → 700万円

450万円   →  490万円 → 650万円

と社員で居続けた時の年収が、実は今いるY社の方が高いことだってあるのです。

ですから、内定が出た後に転職エージェントに

「○年後の年収のカーブはどうなっていますか?」と聞くようにしてください

(エージェントを使うと、こういうのは聞きやすいです)


●今いる会社で年収アップはできないのかを再検討


・経験を積んで今より高い役職に就く
・手当を受けられるものがないか確認(資格手当など)


くらいでしょう。今の会社の中で年収を上げていく手段はそう多くありません。

「あなたが会社に給料を上げてくれ」、と言っても
経営方針をじっくり決めた上での給料体系になっているので
交渉するのは簡単ではありません。


●年収アップで転職することのリスク


・年収が高い仕事は、高いなりの理由がある
・転職先企業も業績不振になる可能性がある

というリスクがあることも理解しておきましょう。


年収が高い会社にうつったが、前の会社より、1人の社員の責任が重く
ノルマがいかないと、上司に怒られまくる

なぜその仕事、企業は年収が高いのか、転職する前にしっかり確認して下さい。

また転職が決まった会社が、将来に業績が落ちる可能性だってあります。
落ちれば、ボーナスダウン、リストラと給料が下がることも考えられます

このようにメリットとデメリットを確認して転職するかしないかを考えましょう。