職歴がばらばら

一貫性があるキャリアに当てはまらない
転職をしてきた場合は、どうしたらいいのでしょうか?

働いてきた業界がバラバラだとしたら転職はできないのでしょうか?

そんなことはありません。
少し苦しいですが、それでもアピールのしようがあります。

ようは「一貫性がないキャリア」と面接官に思われないようにするには

説得できるだけの理由を作ればいいのです。


1社目  化粧品の販売員

       ↓

2社目  美容クーポン雑誌の営業

       ↓

3社目  フラワーアレンジメントスクールのスタッフ

       ↓
     ウエディングプランナーへ転職したい

というキャリアの女性がいたとします。

パッと見では、業界も仕事内容もバラバラなので一貫性がない
と面接では思われがちです。

今までの経験を見ると、なぜ「ウエディングプランナー」になりたいかが
見えてきません。

面接官は「仕事のイメージの良さだけで来たんだろう、憧れが強いのでは?」
と思われるでしょう。

これで「友達の結婚式でウエディングプランナーを結婚式で見て感動した。自分もそういう仕事をやりたい」と志望動機を語っても、表面的で浅くしか聞こえません。


上の例では3社で仕事内容を移りすぎなので、ちょっと苦しいですが
良くするとしたら、今までの3社をどんな理由で仕事についてきたかの
共通項を考えてみるべきです。

「女性を元気にしたい、女性の幸せを広めたい」という共通項目が
自己分析をして見えました。

「自然と女性にハッピーにする業界、仕事を選んできた。結婚という
人生で大きなイベントで幸せにできるウエディングプランナーをやりたい」

と伝えた方が、自分なりのキャリアのスト―リー(一貫性)ができるので
改善されるでしょう。

前の会社と強引にこじつけた志望動機を語るより

自分の過去の職歴をしっかり自己分析して

「どうして今の自分がいて、次に○○を目指している理由は何なのか」を
本人自身が分かった上でアピールする

自分の本心で語った内容の方が面接官の心に刺さります。


一貫性のあるキャリアの作り方


転職には一貫性が大事だと言われます。
これはどういうことなのでしょうか?

一貫性の辞書の意味は、物事の初めから終わりまでを1つの方針や考えでおこなうこと

です。転職に当てはめると



1社目
 ↓
2社目(現職)
 ↓
3社目(面接先)

転職での会社の移動が1社目から3社目で「何かの目的や方針をもって」積み上げてきたかが一貫性になります。


一貫性があるキャリアの例

メーカー営業  年収400万

 ↓社内異動

メーカー人事

 ↓転職

人材会社の営業 現場のリーダー  年収500万

 ↓転職

ベンチャー企業 人事&営業 現在管理職  年収700万



この人は、一貫して人材系の仕事と営業にかかわってきたのが分かります。

メーカーでの営業+人事の経験を活かして、人材会社の営業へ
異業界への転職を成功させています。

営業と人事という軸をもち、ベンチャー企業に最終的に転職
年収と責任をそのつど、増やしていきステップアップをさせています。

理想的なのは、「積み木」のように、今までやった業務の上に
転職でさらに業務経験を積みまして、年収と責任を上げていくのがいいです。


方針をもたせず、色んな業界を渡り歩くのは、積み木をイチから
建て直すのと一緒なので、キャリアは深まっていきません。


一貫性がききにくい例1

1社目 飲食店の店長 飲食業界

 ↓

2社目 不動産の営業 不動産業界

 ↓

3社目 スポーツジム インストラクター


*業界や仕事の経験が1〜3社目までバラバラ。面接でアピールしにくい
良い例のように積み木を足していくことをしてないないです。


例2

新卒入社した化粧品会社で

経理  →   財務 →     経営企画
5年      4年       2年

管理系の経理からキャリアをスタート、財務も経験して数字に明るいので
経営の数字全般を扱う経営企画に


例3

同じく新卒で入った企業で


営業 → 生産管理  → 経理
3年    2年     3年

社内の定期的なジョブチェンジで、3つの職種を経験している。
どれも年齢にくらべて、経験が浅いのと仕事がバラバラでこれも本人の責任でないにせよ
キャリアを深めきれていない

異業界への転職は、積み木をつんでいっていたのを1度リセットすることになるかもしれない点に注意しましょう。
また逆にたとえ業界や仕事がちがうものを経験しても、最終的なビジョンをもって
本人が転職をして

それを面接でしっかりと理由が語ることができれば、『一貫性がある』と評価されることもあります。

「最終的にどんなポジション、仕事内容をしていたいか」
のゴールを決めて、積み木の形や色(転職先選び)を選んでいくのが必要です。