応募条件を満たしてない

転職サイトなどにある『求人の募集条件は絶対ではない』という点をお話しします。

何の話かというと、求人欄にある「求める条件・知識・能力」の欄になります

・営業の経験が5年以上
・WEBサイトの運用経験者
・飲食業界での店長経験者
・医療機器メーカーでの営業経験

といった条件のことです。

どのような求人にも、上のような応募者に求められる条件というのがあります。
実は完璧にすべての求める経験クリアしていなくても採用されることがそれなりの数あります。

転職エージェントの企業担当として働いた僕は、企業との求人の打ち合わせで

・求人で必要な経験を、担当営業として、打ち合わせで企業側と一緒に決める側

にいたので、様々なケースを経験しています。

なぜ絶対ではないと言えるかというと次のような形で決めて、
インターネットで求人を公開して募集していることもあるからです。

1 求人の募集条件は理想像(こういう人だったらいいなくらい)の感じで出している時がある

2 そもそも理想通りの人材がいない、いてもその会社は人気がないから応募がこない。その時は条件がゆるめられる

3 企業側の募集条件が固まりきれていない、とりあえずこの条件で出してみた、というケース

4 求人企業が中途採用に慣れていない。どういう経験が必要なのかすらもわかっていない。

転職会社の営業が「この求人ならこのくらいの経験だろう、と

まずは募集を走らせている

5 実際に応募者の履歴書や経歴書を見て、採用担当者の考えが変わる
  経験がやや足りなくても面接に呼んでみたくなることもある

5 社長や採用担当者の思いつきや偏見に近い形で、「この経験じゃないとダメだ」といってとりあえず出してみた

6 求人企業が「自分の会社の規模や人気を考えずに、夢見過ぎ。求める条件を高くし過ぎ」なケース

などがあります。転職サイトやエージェントのデータベースで見る、営業やIT開発エンジニアといった具体的な求人は

何も全部が、教科書や国語辞書のように掲載する文章やルールをガッチリと決め
すごい細かい打ち合わせをした結果で出している

ということはないのです。

もちろん企業のオーダーがしっかりしており、求人通りの要件が
絶対に必要なケースもままあります。

ですが、仕事によってどういう風に経験を決めているかといえば、下のような会話でかなり大ざっぱに決まっているケースもあります。

転職エージェントの僕「社長、この仕事の求める経験どうしましょうか?」

求人企業の社長「うーん(考え中)。わかんねーや。とりあえず合いそうな人で応募者を出してくれる?」

「わからないって!」内心突っ込みを入れてるのですが、
こんな風に言われたりもします(笑)

信頼関係のない新規の取引先や、余計なことをこっちがごちゃごちゃ言うと、嫌われそうな社長、親分肌で細かいことを言われるのが嫌いなタイプの社長なら「分かりました」とその場は了解して、エージェント社内に持ち帰ります。

社長が言った「合いそうな」というのを営業が自分で考え、忖度(そんたく:「他人の心をおしはかること)して求人を作成し募集をスタートさせたりします。(もちろん求人作成後に企業に了解を得てから)

または転職エージェントの営業は、上のようなことを言われたら
あの手この手で質問を変えて、社長の言葉にあらわれていない求めるキャリアを
募集条件としてあらわして求人票を作成します。

「組織構成は?」
「仕事内容は?」
「採用背景は?」
「経営ビジョンは?」
「○○くらいの経験者が応募してきたら採用したいと思いますか?」

 などの質問で「必要なキャリア・好ましい人物像」を浮かび上がらせます。

このくらいあいまいに決まって募集が出ていることもありますので、

・求人で店長の経験が3年以上 と書いてあり

自分は2年1か月だから足りていない、副店長しか経験していないから
応募は辞めよう、というのはもったいない、ということを理解しておきましょう。


1は 下のような募集があったとします。

・食品機械業界の営業経験が5年以上
・TOEIC800点以上
・チャレンジ精神が強い人

といった具合に

応募条件が「できればこのような人材がほしい」という理想的な条件を全部積み上げた
ものを、求人の必要な経験にしているパターンです。


ほんとに全部が必要な時もありますが

応募者のKさんが

・食品機械の営業経験が3年
・TOEICは700点
・チャレンジ精神が強そう、と職務経歴書で分かる

というキャリアの場合、上の最初の条件はあくまで「理想像」なのでちょっと全体的にスキルや経験が足りなかったり、一部が不足していても、「会ってみたい」となって書類選考が合格になり、一次面接に進んでもらうこともあります。



2・5・6

これは必要な経験を求人で出してはみたが

・人気がなく応募がぜんぜん来ない
・そもそも求めるのが高すぎる

というケースです。

募集して応募者が来ない、来ても少なければ

・来た応募者は不合格にして、そのまま同じ条件で募集し続ける
・必要な条件をゆるめて、採用する

の2つの選択肢が取られます。



企業の募集条件が求人で出したものと

営業経験が4年以上といったのに

実際に転職エージェントが営業経験が2年の人を出してみたら、普通に書類選考に
合格した、というケースです。