転職のスキル不足

転職市場では、「これから勉強します」というフレーズは基本的には
通用しないものと知っておきましょう。

履歴書の志望動機や自己PRで「○○の業務は、〜の点数は、これから勉強したい」と書いても話してもほとんど意味がありません。

採用担当者は、「これから」という言葉は信じていません。

・これからやって、いつ目標に到達するかは不明
・勉強して使い物になるかどうかも不明

だからです。林先生ではありませんが、「これから」でなく、問われるのは、面接に行ったその場の「今でしょ」でしか評価されません。

中途採用は「即戦力」になる人材を探しているからです。
「勉強します」というフレーズは、ただ単にやる気=「意欲」をあらわしている言葉に過ぎません。

意欲だけで採用を決める企業はないことを理解しましょう。


・TOEIC 800点以上の英語力が必須

と求人にあったとします。このレベルだと英語を使用してメールや電話での業務が必要となります。
つまりビジネス英語ができる人材がほしいのです。

そういう求人に

「今は日常会話レベルですが話せます。アメリカに1か月語学留学もしました。
また英会話を教室で毎週、習っています。TOEICは受けたことがないですが、これから必死に勉強します」

では評価されません。

他にこれを打ち消す、強烈な引きになるキャリアがあれば別ですが
中途採用は「即戦力」を求めるので難しいでしょう。

特に年齢が若い、20代前半のポテンシャルがまだ見てもらえる年代の転職であれば、
許される部分が多少はありますが

30代を超えた転職者がこの「勉強したい」というフレーズを応募書類に書いたとすれば
「あちゃー」と思われるかもしれません。

30歳を超えると、特に職務の実績が求められる年代です。
実績を積極的に企業にアピールして、採用を勝ち取るのです。

そういう時に、勉強しますでは、物足りない・スキル不足だと思われます。

低姿勢でやる気があるのは伝わりますが
「キャリアの足りなさを自分から出すようなもの」なので逆効果になる場合もあるのを理解しましょう。


スキル不足で自信がない時



本当にスキルがないのかどうか今一度考えてみてください

あなたが「スキルないし転職できないかも」と思っていても、僕のような転職エージェントをやっていたプロの人間の目や、企業によっては

あなたのスキルは「おっすごい、ほしいな」と思われる可能性があります。

たとえば1つの例をお話ししましょう。

飲食店で職人を3年、その後海外に1年留学してプラプラして、その後に飲食店チェーンでの店長での勤務経験が2年の27歳の人がいたとします。

飲食店がブラック企業で今より休みが取れる仕事がしたいと希望しているとします。

この方の場合、ここから営業職や経理への転職は厳しいかもしれないですが、特徴的なキャリアなので、ピンポイントでハマる可能性があります。

たとえばある小売の大手スーパーが、店内に総菜コーナーを全国的に展開したいのでスーパーのパートのおばちゃんに日本食のつくり方の指導をしてくれる人を募集したいという求人があった場合、

あなたのスキルは

・日本食は3年の修行で分かっている
・その後、なぜか海外で1年
・飲食チェーンの勤務経験でバイトへの指導管理はとりあえずできる
・企業での勤務経験でサラリーマンをやっている

のでこの企業が、日本食の職人さんを雇うよりも、可能性として目が出てきます。

大手スーパーのスーパーバイザー的な本部スタッフの扱いなので、出張はあるが
基本は土日休みで休日が増える、と企業と求職者双方にぴったり希望とマッチした
案件になると思います。

スーパーが海外展開を考えていたら、留学してあなたがプラプラしていた時の
経験も、海外に意欲がある人材か、とプラスにとらえてもらえます。

ですので、無職でひきこもって何も仕事をしていない限り、

その人ごとに何がしかの仕事をして積み上げていたのであれば
それはスキルになるのです。

ようはあなたが積み上げてきたスキルに対して

・スキルに合った求人に出会ってないか
・あなたのスキルに合った求人に応募していないか

の可能性も充分にありえます。

スキルがあるかないかの客観的な判断や、あなたのスキルにあった求人の提案は、今僕が分析したような手法をおこなうのがザラな転職エージェントのキャリアアドバイザーに見てもらうのがおススメです。