仕事で評価されない

転職したい理由の1つに、「会社で評価されないから」というのがあります。

 

・頑張っているのに、自分より能力や実績が劣る同僚が評価されている。
出世して上のポジションについた。

 

・ボーナスの評価に納得できない。もっとたくさん賞与をもらっても
いいのではないか

 

などのポジションや金銭面の評価への不満です。

 

この悩みでの転職は

 

1 社内で何かアプローチして改善するか
2 時間の経過をへて待ってみる
3 上司はどういうタイプなのか

 

を考えて、何も動きそうになければ転職するのはアリでしょう。

 

 

まず本当に自分の実力が「評価に値するものなのか」も再考してみてください。

 

自分で「実績がある」と思っていても、それが同僚と比べて抜きん出たもので
なければ、「評価が正当になされていない」とはいえないかもしれません。

 

自分では頑張っている、というのは社会では評価されません。
誰が見ても明らかな、客観的な実績が必要になります。

 

 

2と3は

 

評価する上司というのが、どう自分を考えているかかです。

 

相性がよくない上司だと、たとえ同僚より成果を出していても
低く成績をつけられることだってあります。
あなたの上役は「上司のプロ」ではありません。

 

感情的な理由が入っているかもしれません。

 

ですがここですぐに転職という行動をおこすのではなく、いい意味で潮目が変わるのを
待ってみる、というのも1つです。

 

スポーツのサッカーの世界と似ています。
サッカーのプロの世界は、監督が変わると選手の評価や起用方法が変わるので

 

今まで試合に出してもらっていたのに、新しい監督になったら使ってもらえず
にベンチ要員になってしまった、というのがあります。

 

マンUの香川がそうで、ファーガソン監督が辞めて、モイーズ監督が新しく
就任して出場機会が激減しました。

 

会社員の世界でも、スケールは小さくなりますが、上司との相性、タイプによって
部下である自分が重用されるか、されないか変わります。

 

「評価されていない」と感じた現状が、香川でいうところの「モイーズ監督」に
当たっている、と自分に言い聞かせて耐えてみるのも1つです。

 

 

または仕事の実績では評価されるが、その他の面でマイナス面があることも考えられます。

 

・仕事はできお客さんの評価は高いが、協調性がなく他部署と喧嘩した

 

というトラブルがあれば、業績の面だけでなく、総合的な評価を上司はしないと
いけません。営業成績は自分より劣るが、バランスのいい同僚が高くなるかもしれません。他部署との連携を改善してみて、どういう結果になるかを見るのも1つです。

 

上司の立場に自分を置き換えて、部下の私はどうなのか、と客観視してみます。

 

もちろんどうにも解決しがたい、理不尽な評価、というのもあるでしょう。