転職ボーナス

転職するタイミングがボーナスの支給とかぶりそうな場合はどうしたらいいでしょうか?

ボーナスは『ボーナス支給日に会社に在籍』していないと支給されません。

12月10日が支給日なら、その10日に「会社に籍がないと」もらえないのです。


1番は、ボーナス支給日が経過するまで、会社に転職するのは黙っておく


これが1番トラブルがなく、ボーナスをもらう方法です。

6月10日が賞与の支給日なら、その日まで、もっというと銀行に振り込みが
されたのを確認するまで、伝えるのを黙っておきます。

もらい終わった後の、その3日後〜10日後くらいに

「転職が決まったので、退職したい」というふうに伝えるようにしましょう。


全額もらうのには、引継ぎの1か月をボーナス支給日にかぶせてしまうのも1つ


ただし嫌がらせ、職場から白い目で見られる可能性も

11月28日 → 転職先で内定が出る


11月30日 → 退職の意思を伝える


12月10日 →賞与支給日    ↓ 引継ぎ1か月


12月20日 →転職先に入社


多くの会社は上のパターンでも、賞与は満額もらえるとは思います。
退職交渉や引き継ぎで最低でも1か月はかかるからです。
もしくは有給休暇を使う手もあります。

11月の終わりくらいに伝えれば、10日間で辞めるのは物理的に難しいので
その間にボーナスの支給日は経過します。

しかし、いやらしい会社、ブラック気味な会社だと

10日で引継ぎをさせて、ボーナスは与えない、もしくは「辞めるなら減額するからね」
と嫌がらせをする企業があるかもしれません。ここは注意が必要です。
1番はやはりボーナスをもらってから言うのがリスクが低いです。


支給日の前にいうと、最悪で減額や支給なしもありうる


賞与というのは、毎月の月給とちがい「労働基準法」のしばりを受けない報酬です。
ですから経営者の判断で「減額」とするケースもあります。

就業規則に照らして明確に規定がある場合は、もちろん働く従業員にもらう権利があるのですが、
法律の線引きがあいまいなので、ここは裁判になって争われたりもしています。

裁判までおこす気がなければ、最悪で減額になっても文句はいえないのが実情です。


入社日の調整をして、なるべく退職を伝える日をずらす


もしボーナス支給日より微妙に早く内定が出た場合

ちょっと高等テクニックになりますが、転職が決まった新しい会社には

「退職交渉が難航する、引継ぎで時間がかかる、2か月はかかる」とあらかじめ伝えておき
現職の会社では、意地でも1か月で辞める、とします。

現職がある人で、転職先が最大で待ってくれる会社だと3か月が限度です。
(あくまで最大なので、1か月半〜2か月くらいまでが多いですね)

つまり1か月でできる退職を、初めに2か月くらいにして、1か月間の余裕をもたせておく
というのも奥の手です。

そして

11月20日 → 転職決定    新会社には2か月かかる、と伝える 本来は1月20日入社

12月10日 → ボーナス支給

12月11日 → 退職交渉を開始 ここで 1か月でやめる
         このくらいのタイミングで、新会社に、入社日が早まりそうだと伝える

1月12日  → 退職、入社

これは転職が決まっているのに、退職を伝えない期間が20日間あります。

空白期間が長いので、想定しない問題が出る可能性もあるので、ちょっとリスキーです。
(特に1か月で辞められると思っていたのに2か月かかれば、合計で3か月かかります。
 それだけで1か月足が出て、トラブルになる)

ですが1か月で絶対やめられる、意地でもボーナスほしい、という場合には有効です。

入社日が早くなった場合は、1日でも早く来てほしい、という職場であれば
すぐに受け入れしてもらえます。

もしくは予定通りの1月20日入社であれば、8日間の少しの失業状態の期間が出ます。


もらってから辞めるのは悪いことなのか?


これは別に悪いことではありません。

なぜなら賞与、というのはそもそも6か月前に働いた労働に対して
もらえる報酬だからです。

たとえば 2014年12月に支給になる分は、14年の4月〜9月の
成績で算定されます。(企業によって算定がどの月なのかはちがう)

その期間は、一生懸命に働いていたでしょう?

対象の期間にちゃんと会社に行って働いていたのであればもらう権利があります。
だから罪悪感を感じる必要はありません。

もちろん「ボーナスをもらってから辞めやがって」と内心で思っている同僚や経営者はいるかもしれません。ですがそこは気にせずもらえるものは、もらっておきましょう。