転職面接と受け身の姿勢

転職の面接では『3つの意味の受け身』のままでは合格しません

1.面接官に自分の良い所を見つけてもらおう、という受け身

2.質問されたことに答えればいいだけ、という受け身

3.ペコペコとへりくだり、採用してもらおうという受け身


の3つです。

1.

面接官は、質問を色んな角度からしてくれて、「自分の良い所を探してくれる」
と思う方もいるでしょう。

しかし面接の素人で質問の仕方が下手な現場担当者もやります。そういう面接官に当たれば、本当は、社風に合い、その求人の仕事が充分にできピッタリなのに、ダメな面接官のせいで採用されないかもしれません。

良い所を見つけてもらおう、というスタンスでなく、自分から企業分析と、求める人材像を把握して
積極的にアピールする方に転換してください。


2.

転職の面接は

・減点されない答えばかりを考えるのでなく
 加点される答え=採用したい、と思わせる話が自分から積極的にできるようになりましょう

「なぜ転職をしたいのですか?」
「○年後のビジョンを教えてください」といった面接の定番質問があります。

当サイトでも定番質問への答え方や例を紹介はしていますが、
これにはそもそも正解・答えはありません。

こんな質問をしなくても確実に自社に貢献できる人材だと分かれば、ルール無用で
採用されます。仕事上で付き合いがある取引先への入社なんかはその例です。

例えば転職理由がムチャクチャで、上司と喧嘩して辞めた、人間的に難がある人材だとしても
1億の会社の売上を、100億まで絶対に伸ばせる、という人材なら採用されます。

しかし、転職の面接では、いつの間にか学校のテストのように、「この質問が来たら
こう答えよう」「この質問の意図は何だ?」と答え方や対策にばかり目が行きがちになります。

どう答えるかにとらわれて過ぎてはいけません。そもそも面接官は答えを知りたい訳でなく

・求人を出した仕事ができそうか
・自社に入社させて貢献できそうか

かが知りたいのです。質問の答えへの準備ばかりだと、枠の中でしか考えず
相手への答えだけに意識が集中してしまいます。


質問にただ答える場でなく

転職の面接は、「自分を売り込む場所・自分の価値を伝える場所」だと思ってください。

『こういう質問がこう来たら、こう答えよう』と考えるのでなく

『これを伝えて、採用したいと思ってもらおう」という積極的なスタンスに
変えてください。

質問の答えを準備して無難な「採用からハジかれない答え」を作って減点を減らす
ことばかり意識すると、「決め手に欠ける」となって採用されません。

マイナス5点なのを3点に縮めているだけです。

プラス10点、20点と加点されるような「伝える場所」だと思って下さい。


3.

「働かしてほしい」という熱意やアピールは、その意欲を買うことができます。
しかし離職期間が長い人にありがちですが、熱意というより、「お願い=懇願」に近くとられ
「こびている」という風に見られがちです。

ここら辺は微妙に選考判断に影響します。

「確かに意欲はあるのだが、媚びてる感じがして決め手にかけるんだよな
ガッツリと貢献してくれそう、とイメージがもてないな」と思われます。

微妙なラインだから今回は落としておこう、となります。

2010年のリーマンショック後の不況期では、求人が激減して
離職者があふれかえった時期があります。

買い手市場だと、1回募集しただけで多くの応募者が来ました。

そうすると転職者の受かりにくいので、立場が低くなり
媚びへつらい「採用してもらおう」というスタンスになりがちです。

自分では意識しなくとも、「自信がなさそうに見える・弱々しい」という
印象が伝わるかもしれません。足元を見られてしまいます。

そうではなく最初は難しいでしょうが、面接官と自分は対等

『選ぶだけでなく、選んでやる』という意識をもってください。
(ビジネスマナーや挨拶はきちんとした上で)

堂々と自信をもった態度に変化するきっかけになります。