転職面接の評価ポイント

転職の面接で見られるポイントは何になるのでしょうか?

大きな幹は下の3本柱です。

1.求める実務能力があるか(過去) 

2.入社しても辞めないか → なぜ転職したいかを質問(現在)

3.将来も貢献してくれるか →なぜ当社なのか?何をしたいのか?を質問(未来)


の3つになります。転職での質問は、細かいマニアックな内容もありますが
ほとんどが上の3つが根っこにあり、派生したものです。

質問のされ方は、上の1〜3を調べるために

1 → 自己PR・自己紹介・キャリアの確認

2 → 転職理由

3 → 志望動機・キャリアプラン


になります。このサイトでは定番質問・かなり細かい質問の意図や解答例も
用意しています。ですがまず準備するのは上の3つです。
時間がなければ3つだけ用意しておくだけでもいいでしょう。

僕は転職エージェントで面接同席をして、面接の場に立ち会ったりもしましたが
志望動機を聞かれない、省かれることもあります。
上の3つがメインとなることを知っておいてください。


1.

求人の募集ポストに見合うキャリアを持っているかどうかが見られます。

あなたのキャリアや強みが、求人で必要になる経験・人材像にマッチしているか
を質問から判断されます。

経歴・専門知識・実績を、履歴書・職務経歴書を細かく質問しながら
ウソがないかを確認します。

特に中途採用では新卒採用とはちがい、すぐに戦力として活躍してくれる人を求めるので
即戦力かどうかが見られます。


2.

「どんな理由で転職に至ったか」という転職理由を聞くことで、
入社してもすぐに辞めないかどうか・働く気持ちがどうかを判断します。

理由が嘘くさかったり、一貫性がないとハジかれます。

転職理由というのは、マイナスをとり除くだけの要素で、加点要素にはなりません。

「簡単に辞めたんじゃない」ことをいくら訴えても、採用される理由にはなりませんので
ほどほどに語ってください。

企業の立場にたつと「自社にどれくらいプラスか・貢献してくれるか」という方が大事です。
1番と3番をより意識してください。


3.モチベーションの強さと方向性を確認しているともいえます


志望動機を聞くことで、自社への思い入れを知り、志望意欲が本気かどうかを
を見ます。

志望動機は、転職理由ともつながります。過去と未来に一貫性がなければ
話がつながらないからです。

「どんなことをしたいのか」という「キャリアプラン」を質問するのは

応募者が「どう成長したいか」を見極めることで
将来どのくらい貢献してくれそうか、というイメージをはかりたいからです。

さらに

どんな方向に進みたいかのベクトルが、自社と応募者にズレがないかも見ます。

ズレていたら、転職者が悩んで辞めてしまうのではないか、と考えます。


自社への適合性とコンピテンシー


あくまで上のページの3つがメインなのですが

派生した内容で、質問の大元になる他の「面接官が見るポイント」も解説します。

4.自社に合いそうか 

5.コンピテンシー

の2つです。


4 

こちらのページで解説した『キャラクターの一致』を面接で確かめられます。
また「他の社員と問題なくやっていけそうか」も見られます。

公務員タイプの考え方の人が、ベンチャー企業に入社しても
合わずに辞める確率が高いです。社風や価値観が真逆に近いからです。

「合わない会社」に入ると、「自分とはちがうな」と思うことが多くなり、
会社に対しての不満を抱きやすくなります。


さらに面接での態度・しぐさ・口調から協調性を確認します。

「人間関係で問題がある社員」を1人雇うと、職場に摩擦を引き起こし、
雰囲気が悪くなります。

退職理由やなぜ前職を選んだのかの理由を突っ込んで聞くことで、
性格と価値観を判断します。

仕事への価値観や、性格に関係した質問をするのも「自社に合いそうか」
「周りの社員とうまくやっていけそうか」をおしはかっているのです。




前ページの1番の『求める実務能力があるか』に関連します。

「コンピテンシー」とは「○○力」であらわされる能力のことです。

分析力・指導力・ストレス耐性・情報収集力などです。

異業界での転職では、面接で評価されるポイントになります。



IT業界のある会社では、「戦略を考え営業をする力」が求められます。
面接ではそういう能力を持っているかを見ます。

個人相手のある営業会社だと、上とは逆に、「ストレス耐性・人間関係の構築力」が重視されそこを突っ込んで質問します。

転職面接では、「〜という経験で、○○力を身につけました。○○に工夫をしました。御社の〜の仕事で○○力は活かされると思います」と伝えます。