転職の面接官とは

転職の面接で登場する面接官を解説します。

(1)採用担当者(部署の上司・現場の責任者)

(2)人事

(3)役員・社長

の3者が2〜3回行なわれる面接のどこかで登場します。


(1)採用担当者(採用部署の上司)

現場で上司になるであろう人が面接官になる場合があります。
1次面接でつとめることが多いです。

ここの評価ポイントは、『部署として欲しいと思うかどうか』です。

人材が欲しいという部署の責任者なのですから
的確に応募者のキャリアが、求人の募集条件を満たしているかを
人事が1次面接をやるより、つかむことができます。

しかし現場の1社員なので面接のプロでなく素人ですから、面接慣れしていない人もいます。
質問の仕方が下手だったりします。

顧客対応をする部署だと、クレームも日常茶飯事ですから、面接で選ぶ立場になると
圧迫気味に厳しい態度を取ったりする人もいます。

圧迫気味の面接官は、くわしく解説していますが
相手の厳しい指摘を受け止めつつ、かわして、自分のアピールにつなげてください。


○現場担当者の面接での評価ポイント

・『一緒に仕事をしたい』と思ってもらえるかどうか
・部署の他の社員とうまくやっていけそうか、年齢や経験でバランスが取れそうか
・部下として使いやすそうかどうか

を見ています。

注意点としては、採用担当者は面接の素人なので、第一印象のイメージで決めがちになります。

現場の仕事には精通しているとはいえ、面接は素人です。
人事のように質問を深堀りして応募者の適性を把握したり、人材を見抜くのも素人です。

パッと見の印象と、話をした内容から、「こんな人物だろう」とすぐに判断されがちです。
ですから悪印象をもたれないように、面接の際のマナーや言動には気をつけることが必要です。


もう1つ裏の注意点としては、上司より優秀すぎると、評価を落とすこともあります。
嫉妬か対抗意識からか特に歳が近いと、いじわるに近い形で評価され、面接で落とされる
ケースもまれにあります。
自分より劣った現場担当者の面接官が出てきたら、抑え気味にアピールした方が
良い評価をもらえる場合もあります。


○趣味の話で盛り上がり過ぎない

選考に関係のない話をして盛り上げようとする面接官がいます。

現場の仕事で一息つきたいのか、転職者の緊張をほぐすためなのか

「スポーツ何かやってそうだね?」「電車混んでませんでしたか?」など

しかしこういった質問にはサラリと答えて、本題の『キャリアに関する質問』
にいくようしてください。

面接時間は30〜50分程度に限られていますから、仕事のアピールができなければ
ただ盛り上がっただけで、印象には残らず、他の候補者に負けてしまいます。


人事


中途採用での人事の役割は、それほど強くありません。

人材がほしい配属部署の上司ほど、現場の実務に明るくないですし
社長や役員ほど、経営に強い権限をもっている訳でもありません。

転職面接での人事が評価するポイントは

・入れてもトラブルを起こさないか。すぐに辞めないか

になります。

1次面接に人事が出てくることもあるのですが、その時の役割は
候補者をふるいにかけることが1番にあります。

書類選考を終えて、候補者をふるいにかけた後に
さらに面接で、会社に合う人材か、募集職種の仕事に大まかにマッチした経験を持つかを
再度確認するために面接をおこないます。

応募者の母集団を作り、「採用する基準」を「おおむね満たす人材」をたくさん
集めてくるのが役目です。

または『条件の確認』を行ない、後から「年収や希望の勤務地』などの諸条件で
辞退をされないために、質問をします。

次の「採用部署の責任者や取締役」との面接に「橋渡しや地ならし」を行なう役目を担います。
無理に落とそうとするのでなく、後に続く選考の面接官が、面接しやすいように
整える役目になります。


○企業によっては人事部長クラスが後に控えることも

・若手の人事担当者 と現場のマネージャー  1次面接
  ↓
・人事部長クラス              2次面接
  ↓
・役員                   最終面接

と回数を分けて面接を行なう会社もあります。

役員との最終面接は「顔合わせ」程度で、1次面接でキャリアをジャッジし

2次面接の人事部長が

・内定辞退しない転職者か判断
・希望年収との相違がないか、その他の問題がないか質問をしてつぶしておく

をする役目で出てきたりします。

最終面接の手前で、すでに選考の9割が終わっているパターンです。
大企業だとありがちなケースです。

社長にまで面接をさせて、辞退されるとは何事だ!」と人事にプレッシャーをかける
会社があります。