転職の1次・最終面接のちがい

次に転職の面接の選考パターンをお話しします。
3つあります。

(1)2回の面接のパターン:面接官は少数 → 最もポピュラー

1次面接  人事+現場の部門長が面接官  
  ↓
最終面接  社長や役員



(2)3回のパターン:大企業で多い・面接官も多数


 説明会・筆記試験
  ↓
 筆記試験
  ↓
 1次面接:人事+現場の担当者
  ↓
 2次面接:現場の部門長
  ↓
 最終面接:役員による面接

(3)1回のパターン:中小企業・ベンチャーに多い 面接官は少数


   ↓
  1次(最終)面接:社長or役員


選考の回数は企業の規模や経営スタイルによって変化します。
大企業になると3回以上の面接をおこなう会社もあります。

どのパターンでも1次と最終で段階が1つ深まりますが、それと一緒に、面接官の役職によって、評価する『視点』が違います。

大まかにいうと

○1次面接 現場サイド 

・「部下として仕事を任せても大丈夫か?」という視点

質問も前の会社での仕事上のエピソード
業務の内容を突っ込まれる


○最終面接 社長 or 役員

・「人間性と長期的な視点」で人材を見ようとします

仕事に対する価値観、考え方を聞こうとする
会社に入れても信用できそうか、意欲があって長期的に成長してくれそうか


さらに細かく解説します。



●1次面接 

○ 人事の担当者

・履歴書、職務経歴書の内容を確認、応募者が求人の募集条件を
 クリアしているか面接で改めて確認
・転職理由や人間関係で問題がないかチェック
・トラブルを起こしそうな人物を事前にはじく


○現場の担当者or課長 

・専門的な業務への質問で、求人のキャリアとマッチした人材か
・部下として使えそうか
・部署の他の人間とうまくやっていけそうか・バランスを判断


●2次面接

○現場の部門責任者(営業部長といった採用部署の責任者)

・前職の業務経験の再確認
・仕事のやり方やスキル、今までの実績を聞く
・配属される部署、部門の全体で将来的に戦力になる人材かを判断
・協調性をもって仕事ができそうか確認


○人事部門の責任者(部長クラス)

・労働条件や給料の希望でズレがないか確認
・併願状況を確認して内定辞退をしない人材か
・退職理由、志望動機の再確認→自社への入社意欲・組織への適応力をみる


●最終面接

○社長や役員

・将来のビジョン・自社への熱意を知り、20〜30年雇用して大丈夫な人材かの見極め
・仕事への価値観、やる気をみて、将来的に会社に貢献しそうか
・社風、経営方針に合う人材か
・会社を変革してくれそうか、活性化してくれそうか
・新しい挑戦ができそうか


面接回数や人数によって上のパターン通りに当てはまらず、役割に変化はありますが
おおむね役職や面接の段階によって、見られる評価のポイントが長期・大きな視点に変わります。