転職面接の質問の順番

転職の面接ではほぼ似たような流れで進みます。
準備として知っておきましょう

入室 
 ↓
あいさつ
 ↓
導入
 ↓
自己紹介 
 or
自己PR
 ↓
履歴書・職務経歴書からキャリア確認
(前職の確認)
 ↓
転職理由
 ↓
志望動機
 ↓
将来やりたいことの質問
 ↓
会社の仕事内容の説明
 ↓
条件確認
 ↓
質問がないか聞かれる
 ↓
退室

上の順番で進んでいきます。


○あいさつ

面接する部屋に入室したら、ドアの前に立ち
「○○と申します。面接の時間をとって頂きありがとうございます。
よろしくお願いします」と元気に挨拶をします。お辞儀の角度は45度です。


○導入 

応募者の緊張をほぐすために、面接官が雑談をしてきます。
「今日は寒いですね?」「ここまで迷わずに来れましたか?」「電車は何線で来られたんですか?」といった話しです。

ここで何かを狙ってやろうと考えるのでなく、和やかに笑顔で無難にしゃべってください。
メインは次以降になります。


○自己紹介

「○○さん、自己紹介をお願いします。」と自分の自己紹介をするように
うながされます。

他に「簡単に職歴を教えてください」とも言われたりします。同じく自己紹介してくれ
という意味です。

1分程度でポイントをつけて話してください。簡単に仕事内容・自分のキャリアの強み・実績・志望動機を伝えます。キャリアが長いなら求人とかぶる部分・相手が興味を持ちそうな点に絞って話してください。

企業によっては自己紹介ではなく、いきなり「自己PRをお願いします」
と伝えられたりもします。


○履歴書・職務経歴書からキャリア確認

面接官があなたが作成した履歴書と職務経歴書を見ながら、業務内容
について質問して事実確認をします。

スキル・職歴・実績・経験の詳細を質問してきます。

募集条件とマッチした人材かを確認
人物評価
嘘をついてないか、話を盛ってないか

を知るためです。

「前職では○○をしてたとのことですが、どんな仕事なのですか?」
と前職がどんな仕事か?というのもこのタイミングで聞かれやすい質問です。

ここで「自己PRをしてください」と言われることも。

そう直接言われなくても「○○の経験があるみたいですね?」と質問されたら
ただ「ハイ」と答えるのでなく、自己PRを交えながら話していきます


○転職理由

転職したい理由、会社を辞めた経緯を聞かれます。


○志望動機 → 将来やりたいこと

「なぜ当社を受けたのですか?」とここで志望動機を聞かれます。

どのくらい企業を調べてきたかを見られます。

将来やりたいことを聞くことで、

目的をもっているか、求める人材像とズレがないか・成長しそうか
を見ます。人間関係やチームワークが取れる人物かも見られます。


○会社の仕事内容の説明

あなたが説明するのでなく、今度は面接官が「自社の事業内容や求人部門の紹介、
求人職種の仕事内容の説明」を行ないます。

応募者へ理解を深めてもらうのと、どこに興味をもっているかを見られます。
質問や感想を求められることも。



○条件確認

待遇と労働条件の質問と確認が入ります。

「希望年収は?」「いつから働けますか?」
「勤務地は○○ですがよろしいですか?」などといった条件面の質問を
されます。


○質問がないか聞かれる

「何か質問はありませんか?」と疑問に思ってることはないか問われます。
意欲や企業への意欲を問われるので、質問は考えておいてください。

○退室

椅子の横で立ち上がり、「本日はありがとうございました」と挨拶してください。
出口で面接官の方を向き、再び「お礼と失礼します」とお辞儀をしながら伝えてください。