転職エージェントすぐに退職

転職エージェントのメリットの1つに

 

ハローワークや転職サイトに比べると

 

転職者の短い期間での早期退職率が低めという点があります。

 

短い期間での早期退職率

 

低        中     高
エージェント  サイト   ハローワーク

 

になります。 

 

早期退職とは、転職者が新しい会社に入社して、1か月や2か月といった半年以内に辞めてしまう割合です。

 

ようするにエージェントの求人の方が、ブラック企業がまぎれている可能性が少ない、ということです。

 

なぜエージェントが早期退職率が少なくなるかというと

 

・エージェントの方が紹介する企業を慎重に選ぶ傾向にある
・間に人が介在するので、転職前の不安や疑問点を解消し、納得してもらってから入社する傾向
 入社後のギャップを他の採用手段にくらべて起こしにくい

 

があるからです。

 

エージェントのお客さんは企業と求職者の両者です。

 

求職者が短い期間で辞めてしまうような会社を紹介するのは
企業以外の、一方のお客さんである登録者を不幸にするので、なるべく避けようとします。

 

求人ヒアリングをして「この会社、激やばだな」と明らかに分かるケースでは
『こういう理由で紹介はできません』とはっきり断ってました。(少なくとも僕のいた会社では)

 

何らかの問題で、早期退職者が続いた企業
求人掲載後に、明らかにおかしな制度があると判明した場合

 

も紹介をストップをかけます。

 

エージェントは転職サイトやハローワークとちがって入社後も
システム的に責任を負っているためです。

 

裏の話をすると、中途退社がおきるとペナルティが発生するので(→リンク)

 

転職エージェントのビジネス的に、早期退職が頻繁に起きるような会社を登録者に
紹介するのは、デメリットしかないから、というのも理由の1つです(笑)

 

 

一方、転職サイトは「エージェントでは絶対に紹介しないだろうな」という
見るからに離職率高そうな企業も普通に求人が出たりしているのを見ますね。

 

転職サイトは掲載料金を初めにもらってしまえば
後はどうなろうが関係ない部分があるからです。

 

ハローワークにいたってはブラック企業だらけ、玉石混交です。

 

また

 

・エージェントの方が、過去の入社者のデータや濃い企業情報が手に入るので求人理解が深くなる

 

というのも理由になります。

 

 

転職エージェントの求人は労働条件が違う事が少ない

 

ハローワークや転職サイトの求人情報にくらべると

 

転職エージェントの求人には

 

「働いてみたら、求人票で書かれていた労働条件とちがう!」というトラブルはかなり少ないと思います。

 

質問サイトでハローワークの求人票で書かれていた労働条件の内容が
実際に働いてみたらちがっておりトラブルになっている例もあります。

 

 

「土日祝日休みで年間125日休みとあったのに、実際は土曜の休みは月に1回だけ」
「月給が23万円だったのが実際は15万円、マイカー通勤可とあったのに本当は不可」

 

など

 

求人をのせる際は、「ウソを書かず、本当の労働条件を書く」というのは
当たり前の話ですが、ハローワークの情報では、実際には企業がウソを書いて出している例もあるようです。

 

ハローワークに労働条件がちがう、と苦情がきたのが、1534件です。これは平成24年度の東京都内だけのケースなので、届け出ていない例や
他県を合わせると、もっとあると思います。

 

ハローワークは求人の記載は企業任せにしているのと、
担当者も細かくチェックしていないため、このような事態になっていると思います。

 

転職エージェントの求人だとほとんどこういうトラブルは少ないですね。

 

なぜかというと、転職エージェントでは僕がやっていた企業担当の営業が、
求人のヒアリングを直に企業に訪問しておこなっているからです。

 

求人の仕事内容の他に、労働条件の細かいことを1つずつ聞いていきます。

 

1個ずつ、「年間休日は何日ですか? マイカー通勤は可能ですか?雇用保険、労災、年金は入っていますか?」 と人間である企業担当が聞いていきます。

 

そうすると人間相手に、面と向かってウソを言う担当者はあまりないですし

 

しかも高い手数料を支払う転職エージェント相手に
ウソをついてまで労働条件を水増しする、企業というのはそうそうないのが実情です。

 

そういう粗悪なことをする企業というのは、そもそも転職エージェントという
お金がかかりそうなサービスを利用してこない、というのもあるでしょう。

 

もちろん可能性はゼロではないですが、求人の難易度が簡単か難しいの以前に、そういうウソをついていると発覚した時点で、転職エージェント側でも、その会社とは縁を切って取引停止にする、くらいの話になると思います。

 

なぜかというと、そういう企業に求職者が入社すると、不幸になる他にも中途退社になりやすいので、ペナルティが発生するので、転職エージェントとしても利益がないからです。