メリットの1つに

「利用者を守ってくれる」点があります。

何かトラブルがおきた時に『労働者』である登録者の側に立場にたって

エージェントが企業と、交渉や調整をして不利にならないように働きかけてくれます。

具体的には

1 入社日が遅れそうな時の調整

2 内定段階で、企業が無理難題を言い出した時

3 経歴や学歴詐称で入社できた事例




質問サイトの下の例を見てください。かなり無茶苦茶なことをやってる企業です。

q1479322604
q1311380928

人材紹介会社経由の転職だとこういうトラブルが起きないよう
僕がやったような企業担当が、先に社長や人事に「教育・しつけ」をおこない、
そもそもこんな問題すら起こさせませんが

内定が出た会社が

「ウチは入社すると決めた人間にしか、採用通知の書面は出さないようにやってきたんだ。
今までハローワークでもそうしてきたんだ」

という会社があったとしたら

転職エージェントの企業担当は、「いえそれは違いますよ。応募者が安心するように、書面を出してください。法的にはですね...こういう根拠があります」と労働者の保護をするため、きちんとした流れに企業側のやり取りを「しつけ」することがあります。

または

1度出した内定を、「候補者が悪くない何かしらの理由で、なかったことにする企業」があったとします。
(ときどきあるんです)

エージェントが「出した内定は絶対にくつがえせませんよ。訴訟になりますよ。これ以上うちとは取引できませんよ。法的には〜〜になります。悪評が立ったらどういうリスクになるか分かりますが?その時は〜」

と訪問してとうとうとリスクを説明します。

結果、その話を受け入れ、企業の内定をそのままつなぎ止め、無事に入社してもらったこともあります。
その人の入社後は評価も良く、社長に後から「あの時はごめんな〜」と謝ってもらえました。

こういう交渉を自分でやるとなると大変ですし、自分1人だと泣き寝入りすることも多いでしょう。

転職エージェントは企業寄りな印象をもたれますが、そうではなく、「中途採用を分かっていない、」「無茶苦茶なことをする」企業とは、

登録者を守るために、企業と戦うことがあることも知っておいてください。


3 

・学歴詐称(中退なのに卒業としていた等)
・経歴詐称(転職歴を少なく履歴書に書いた)

上の2つは、重大な嘘をついたのですから本当であれば、どんな媒体でも、
内定取り消しになってもおかしくないです。

しかしエージェントが企業と候補者の間にたち、とりなしを行なうことで、
内定取り消しを回避したことがありました。

ある候補者が「高校中退なのに、履歴書に高校卒業」と記載した人がいました。

それを入社の受諾後に、キャリアカウンセラーに言いだし、大変なことになりました。

普通であれば、学歴詐称なので内定取り消しになりますが、

・候補者が発覚する前に自分から観念して伝えた
・エージェントとその企業の信頼関係が深かった
・転職エージェントはこちらへの手数料の減額で、手打ちでどうかと謝罪とともに打診した
・本人にもしっかり謝らせた

という4つの条件が重なり、企業側も寛大で、この候補者は、取り消されることなく入社ができました

これが自分でハローワークや転職サイトで応募した企業なら
「実は学歴を偽ってました」と直接には言いだしづらいでしょうし

人が間に介在すると「まあまあ、あの人も反省してることですし」と話すことで
潤滑油のような役目を果たしますが
これが本人にダイレクトにいきなり伝えられたら、企業の受ける印象が悪くなりがちです。

ですが上の例はたまたま上手くいっただけで経歴詐称は絶対にやらないでくださいね。