自分だけで転職活動をした時に、合うかどうか気づかずに見過ごすような求人
(いい意味でマッチした求人)を紹介してもらえる可能性がある、という点です。

アドバイザーの面談でのキャリアカウンセリングを受けた結果、じっくり話をしたからこそ紹介されるような求人ですね。

転職アドバイザーというのはピンキリですが、転職の求人紹介を仕事にして給料をもらっていますので、転職のプロであることは確かです。

毎日打ち合わせを頻繁におこない、たくさんの求人情報を仕入れたりもします。

一般人より圧倒的に

「世の中にどんな仕事の種類があるか?」
「どこの企業であれば、どういう能力で採用されているか?」

という知識や経験を豊富にもっています。

そのようなアドバイザーにじっくり面談で話をして
あなたの経験を深く聞くことで、あなたが気づかない求人を紹介される可能性です。


たとえば

車の整備士の人が面談に行き
 ↓

偶然、新規の求人として入った某自動車WEBサイトの営業職

を紹介してもらったとしましょう。

整備士から人と接する仕事にキャリアチェンジしたいと考えていた人なら渡りに船ですよね。


もう1つの例としてたとえば、

プロパティマネジメントという職業は、世の中にあるのは、どのくらい人が知っているでしょうか?

ショッピングセンターやファッションビルなどの施設を管理する仕事です。

この仕事、外食や小売り、流通系のキャリアをもっている方と相性がよく、誰もが知っている有名な施設も求人募集をしています。

僕はある大きな施設をもつ企業の担当を転職支援会社時代にしていました。

激務の流通系の店長職よりは残業などの労働条件もゆるくなったりします。

案件紹介したある外食大手の方は

最初は「え?こういう仕事もあるんだ」と驚かれていました。

あなたが知らないような仕事、自分のキャリアで合うのか?と素人では分からないような求人も、プロの目からみれば「合うか合わないか」が分かりますので、マッチングして転職に結びつけたります。

しかも過去に転職実績があったり、その企業の採用の傾向をつかんでいると
だいたいの「この人なら受かるだろう」というラインも事前に知っていたりするのです。

自分で転職サイトで表面的にパラパラと探していては見つからない(知らない)
求人を紹介される可能性も転職エージェントを利用することで出てきます。