転職エージェントデメリット

1人当たりの採用費用が他の採用手段にくらべて高めなので

求人企業の採用への目線(ハードル)がやや高めになる、という点です。

どういうことかというと

転職エージェントに企業が支払う手数料は

・転職決定者の年収 × 30% などと設定されています。


年収400万円の人を採用すれば

400万円 × 30%なので 120万円を企業がエージェントに支払わないといけません。

一方で転職サイトは

リクナビ マイナビでは

おおむね標準的なプランで50万円〜80万円くらいの料金とエージェントにくらべると安めです。

転職サイトは掲載期間中に何人の応募が来ても、掲載料金は変わらないので
「この料金でたくさん集まったから、ちょっと無理してここで採用しておこうかな」という意識が企業によっては働くでしょう。
(転職サイトはサイトで、企業にとってデメリットもあります→リンク)

エージェントは成果報酬といえど、1人あたまで、○万円と必ず採用費用がかかるので
その分、選考の基準がやや上がるのは否めないと思います。

応募を出せば、ごっそり大量に希望者が集まる求人は転職サイトで応募を進めた方がいいかもしれませんね。

たとえば「未経験での経理募集」「○○の人気企業で営業事務の募集」など
みんなが飛びつく求人です。

あとは「自分はどうみてもキャリアに自信がない、劣っている」という人も
転職サイト中心でやった方がいいかもしれません。その方が採用されやすいので。

一方でエンジニア系の仕事や、営業をやっていても第2新卒でもその企業にピンポイントで合っていれば普通に関係なく採用されます。

採用費用だけで決まってたらエージェントのビジネスが成り立たないですし、現実にエージェント経由で毎年何万人と転職が決まってます。

そもそもエージェントに求人を出している会社は、他の手段より費用が高いのが分かった上で募集している企業も多いです。

また大手企業は採用費用が潤沢なので、そこら辺を気にせず募集をかけているのと、

エージェント経由の企業は、『人材にお金をかけてもいい』という考えの企業も多いので、実はそんなに気にするほど変わらない、ということもあります。