転職エージェント辞退

企業に直接だと言いにくいことを代理で伝えてもらえるので精神的にラク、だという点があります。

たとえば

・内定が出た後にじっくり考えて、やっぱりその会社には行きたくない

と思い、辞退の連絡をしないといけない場面です。

例  ある企業J社の選考

1次面接   人事
 ↓
最終面接   社長 役員勢ぞろいで数名

というフェーズで進んで内定が出たとしましょう。


面接は順調に進みあなたにそのJ社から内定が出たが、今の会社を蹴ってまでは行きたくないな、と思ったとします。

「辞退したい」という旨を人事に伝えれば済む問題ですが
礼儀として、社長や役員陣が出てきた面接をやっているのでしたらメールではなく、電話で伝えるべきでしょう。

その時に、自分で直接人事に電話したとしたら

人事の担当者から

「どうして入社できないのでしょうか?」としつこく理由を聞かれる可能性があります。

なぜかというと、社長が「採りたい」と言って内定を出したのに「辞退される」と
一次面接を通した人事に責任がいき、社長に怒られるからです。

そういう時に転職エージェントを使っていたとしたら

エージェントに一言、「やっぱりJ社は辞退したいです。理由は○○です。」
と伝えておけばよく、自分で言うよりはかなり精神的にラクです。

転職エージェントが代わりに理由を伝えて丁重に謝って終わりです。
人事からエージェントが怒られるかもしれませんが(笑)

(辞退連絡を伝えるのも仕事の1つで、僕なんかも何百回も伝えてますので登録者の方はそこら辺は気にしないでかまいません。それで給料をもらってますので)