転職エージェント他社状況

上手な付き合い方の2つ目です。

1 要望はハッキリと伝える

2 選考状況は隠さずオープンにする

になります。

1はたとえば、「送られてくる求人の数が少ない、もしくは希望とはちがう仕事ばかり
紹介される」という悩みを転職エージェントにもっていたとします。

その原因は「アドバイザーがダメ、エージェントに求人が少ない」こと以外に


・あなたとアドバイザーのコミュニケーションがうまくいっていない

ことが挙げられます。


『コミュニケーション』は

・説明不足であなたの希望がちゃんと伝わっていない

可能性がありえます。

あまりしつこくならない形で礼儀を尽くしつつ

・「こういう風にして頂くとありがたいです」と要望をハッキリ言ってみてください。

そうすると状況が少し良くなるかもしれません。

求人の件数が少ないのであれば

・「もう少し候補の案件を送ってもらえると助かります!」

と言えば、数日後に追加で、あなたに合う求人を探して送ってもらえるかもしれません。

もしかするとアドバイザーは「返事がなかったから、あまり興味を持ってもらえなかったのかもしれない」と勘違いしていただけかもしれません。

転職は人生を左右する選択にもなるわけですから、変に遠慮する必要はなく貪欲になってやっていきましょう。




転職エージェント以外で応募している求人

自分で転職サイトや企業のHPからの応募で選考が進んだものは

悪いから伝えずに黙っておこう、と考える方もいるでしょう。

実はこれは逆で、全部の選考状況がどうなっているかを伝えた方がいいです。

アドバイザーは内心では「ウチの会社で決まらなそうだな..」と思いつつも(笑)

転職者のことを第一に考えて、たとえ転職サイトなどからの応募であったとしてもアドバイスしてくれます。

全部の状況を伝えておかないと、他の会社の内定が出るタイミングがズレ込んで

第一志望の会社の最終面接が終わる前に、第二志望の内定が出てしまい、返答期限の締め切りを切られて、泣く泣く辞退をせざるを得ない状況になるかもしれません。

あらかじめ全部の選考状況を転職エージェントのカウンセラーに話をしておくことで、
全体を考慮した最適なスケジュールを組んでもらえるようになります。