転職エージェント質問と条件面談

転職エージェントを使い応募企業から内定が出て

入社しようかどうか迷っている際は

・なぜ迷っているのかを自問自答
  ↓
 その企業に対して不安点・懸念点がある場合

転職エージェントを通して、質問をぶつけてみるのも1つです。

質問が多いのでしたら、直接に訪問して、「質問への回答をもらう場の条件面談」を組んでもらうのも良いです。

これは転職エージェントが間に入っているからこそできるサービスです。


・本当に入社後にやっていけるのか
・将来はどんなキャリアパスになるのか
・年収のカーブは、40代前半と50代ではどうなるのか?

といった不安や質問は、転職サイトで自分が直接に人事とやり取りをしているのなら
聞きにくいと思います。

あなたが転職エージェントを通して質問を出して

あなたに直接連絡がいくことなく企業が回答するので
聞きやすいのと、仮に後から内定を辞退して断ったとしても嫌な気持ちにはなりにくいです。

・内定後の応募者と企業のズレのギャップを埋める

というのは大切な役割なので遠慮せず活用しましょう。

あとは、質問が多すぎる・エージェントを通すと伝言ゲームになるので混み入った話を直接したい

「もう少し企業から口説かれたら入社しちゃうかも(笑)」と迷いを消しスッキリしたい
というのでしたら

『条件面談』を組んでもらい、ざっくばらんに質問ができる場の依頼を出すのも1つです。

あらかじめ聞きたいことを投げておき、それに回答をもらうのです。

裏事情で、登録者が、入社に傾いてるが迷いがあり、複雑な心境だと分かれば

勘がいい転職エージェントなら、頃合いを見計らったように
絶妙なタイミングで面談を打診したりするものですが(笑)

僕も勤務時代は、打診しました。

別に嫌らしい意味でなく、同じ部署の社員の人に登場してもらい、結果として、候補者の不安や疑問もスッキリ晴れて、納得感をもって入社してもらったのでやってよかったと思いましたよ。


理想は複数の会社の内定が出た状態で




・A社 内定  ←質問

 B社 内定  ←質問

 C社 内定  ←質問


連続で(3社分)質問を出しまくり、情報を吸いだして、1番有利な会社に入社の意思決定を出すような形がベストです。

また情報を聞いて、それでも決められないのであれば、内定辞退をしても差し支えありません。

何度かやると、冷たくされるかもしれませんが、そうなったらちがう会社を使えばいいだけです。

転職は人生の大切な決断であり、あなた自身が決めるものだからです。
使い倒して最良な決断ができるようにしましょう。


内定が出た場合の行動の仕方を解説します。

○内定が出た場合(1社)

そこの会社の内定を受諾し、入社するか否かを考えます。

考慮するポイントは

・第何志望なのか?

・転職で絶対に譲れない希望は叶えられそうか?

・もう少し他の会社を受けてみたいと思っているか

・現職がある場合は、比較してどうか

・業界と会社の将来性

・これ以上良い条件の会社に決まることはなさそうか?

・引っかかる点・懸念点はあるのか

・併願先があり、そこの結果が出ないと未練が残りそうか?


○内定は断ってもいい

内定は、企業が採用したい、という一方的な意思表示です。
あなたがそれを受けるかどうかは別問題です。

断っても何ら問題ありません。

ですが強引にクロージングをせまる悪い会社があるので押されないように、注意してください


○回答期限をもうける

→返事を出すための期限を何日後かに設定します

一方的に決めた返答期限にするのではなく、

常識的な期間で、自分の希望の返答期限を伝えてもいいでしょう。


○複数から出た場合は?

複数の企業から出たからといって問題はありません。
複数の内定を受諾するのは問題ですが(笑)。

比較してじっくり選ぶようにしてください。

・希望の条件にどこが1番合っているか

それぞれの情報を聞き出しまくって、ベストな選択をできるようにしてください。

また複数出たからといって、これもまた必ず入社する会社を決める必要もありません。

全てを辞退したからといって気にする必要はありません。