転職エージェントの応募から入社まで

転職エージェントでもらった求人に応募した後の流れがどうなるのかを解説します。
下は担当の形が両面制の場合の流れです。

兼業制の場合は、3〜5が省かれます。
求人を紹介された時点で、エージェント内の書類選考はほぼ終わっている可能性が高い

1 登録

 ↓              

2 面談

キャリアカウンセリング   →応募意思なし・相談だけなら1回の面談で終了
 ↓

すぐに転職活動がしたければ

3 キャリアカウンセラーが求人を案内

   ↓

4 登録者が確認、興味があれば応募

   ↓

5 カウンセラーが受付、推薦状とともに、エージェントの求人企業担当に社内で送付

   ↓

6 企業担当は応募者の経歴が求人スペック(必要な能力)に合うか確認

   ↓

7 合わなければエージェントの社内選考で不合格   

  合っていれば人事に正式な応募として、募集会社へ書類送付

   ↓

8 人事が応募者の書類選考

   ↓

9 人事がエージェント企業担当に書類選考合格or不合格の連絡を入れる

   ↓

10 企業担当がキャリアカウンセラーに登録者(あなた)の書類選考の合否を社内で連絡

   ↓           ↓
  合格すれば面接に進む  不合格だと「残念ですが..」とメールがくる


11 面接日の調整に入る

  パターン1 企業側が指定の面接日の候補を最初に教えてくる

  パターン2 先に応募者の希望日程を複数出させる


   ↓

12 調整がうまくいけば、その指定日で面接

   うまくいかないと、希望の再日程を何度か出し合いながら調整
   日程は合わないほど後ろに日付が倒れていく

   ↓

13 面接  
   だいたいは2回おこなう、小さい会社は1回

   面接終了後に感想をキャリアカウンセラーに報告
   (場合によってはエージェントが登録者の意欲を企業に伝える)

   ↓

14 1次面接終了後に、即日〜10日くらいで合否の連絡がくる

   ↓          
   合格 最終面接へ 

   不合格「残念ですが..」と断りの連絡がくる 


   ↓

15 最終面接

   ↓

   合格     不合格

   ↓

16 企業の採用意思




17 内定

   ・採用内定通知書を企業からもらう

   ・応募者の意欲を確認して、高ければ内定を出すケース
   ・とりあえず意欲関係なく、企業側の採用の意思表示として出すケース

   ・内定関連は転職エージェント内でもトラブルがおきやすく、注意点あり

   ↓



18 登録者の意思決定

   入社するかしないかを決める
   (内定が出たからといって、必ず入社することはない)

   ・通常は返答期限が設けられている。その期限内に行くか行かないかを決める必要あり


   Yes →意思決定・入社意思あり

   No →内定辞退


   迷っている場合

   △1 →不安点がある場合は、エージェントに質問事項を出す

   △2 →・内定が出た会社以外に面接が進んでいる会社がある
       ・複数の企業から内定が出て悩む場合は、

回答期限の延長を申し出てもいい。なるべくたくさんある選択肢の中で、
      意思決定ができる状態にもっていく

    *ここで決まらない・迷っている場合は条件や質問の面談を設定


      応募が複数ある場合は

      ・志望順位をエージェントに伝える。キャリアカウンセラーは登録者が
       有利になるように各企業の最終面接日や返答期限の調整などをおこなっている(はず)



19 △1 不安点・疑問点の回答が企業からエージェントを通して届く

     あなたが迷っている状態で、質問事項が多い時は条件面談を設定してもう1度
     企業と話をする場を設け疑問点を解消することもある

     *ここで『エージェントからの説得』が入る可能性がある

   ↓

20 意思決定をしてYesで転職を決める場合は、入社日の調整に
   (面接の段階で相思相愛であれば、おおよそを決める場合も)

   *この段階からエージェントとのやり取りが少なくなり、合格した会社と
    直接やり取りをしていくようになる

   ↓

21 在職中の場合は退職交渉開始

   離職中であれば早い日付で転職先への初日の入社が行なわれる

おおよそこのような流れになります。

1 自分の個人情報と業務経験を入力して、転職エージェントに登録をすることからスタートです。

登録が終わると、多くはメールで連絡がきます。担当になるアドバイザーから連絡が入り、面談日の候補日を決めるやり取りがおこなわれます。




面談を転職エージェントのオフィスや、小さい会社だと喫茶店でおこないます。

キャリアについての相談、転職したい理由、どんな希望をもっているかがメインの話になると思います。

あなたの転職の希望がある程度で決まっている場合は、面談の場で企業の求人を案内されたりもします。または後日案内をしてもらえます。

特に相談だけで応募意思がない際は、きちんと伝えておきましょう。

4 求人を送ってもらった際に、
   あなたが求人を見て、応募したいか、したくないかを考えましょう。

   したくなければ何も伝えなくてもいいですが、よりいい関係をエージェントと作るためには求人ごとになぜ応募しないのかのポイントを簡単に伝えておくと、後にアドバイザーが案件を紹介しやすくなります。

5 あなたが案内された求人に、応募意思を伝えます。
   応募書類が求人企業に、エージェントを通して送付されます。

   書類選考に合格した場合は次の面接に進みます。



11 面接日のスケジュール調整に入ります。エージェント側からあなたの面接希望日と、企業の面接候補日を何件か聞いた上で決めます。


12 面接の結果の連絡が3日〜1週間くらいで届きます。



企業があなたを採用したい場合は、採用したい旨の連絡ないし、条件通知書の書類がエージェントを通して届きます。


18 あなたは求人企業の報酬条件や、仕事内容をもう1度検討して、転職するかしないかの意思決定をおこないます。

21 転職することを決定した後は、在職中の会社に退職する旨を伝えて退職交渉をおこないます。


力関係はどうなってる?


企業が、内定を出すまでは候補者を選ぶ側なので強く

内定が出た後は、今度は応募者が「転職を決意して入るか入らないか」を決めるので
逆に強くなります。

求人送付〜内定・意思決定までの流れまでの期間ですが

ほんとに早い人で(面接1発でお互いに相思相愛で第一志望で合格)5日くらい

ケースバイケースですが通常は1〜2か月程度かかります
遅いと3か月くらいかかるかもしれません


利用者の皆さんが、「転職エージェントは信頼して大丈夫なの?」と怪しむフェーズは

5番の「社内選考」、15・16番の入社するか迷ってる最中に感じること
連絡が遅い時に思うのが多いとネットの質問サイトを見てわかりました。

間に入ったエージェントしか情報が知りえない段階、「ブラックボックス」になった状態の時ですね。
ここら辺は実際に企業担当で勤務した僕の経験から解説していきます。