転職エージェント面談

転職エージェントの面談ではどんな内容になるのでしょうか?

主に下のことを聞かれます。

(1)今までのキャリアの経験

(2)転職したい理由と目的

(3)これからどんな仕事を希望するのか

(4)転職活動のペースや方向性の確認

(5)注意事項やエージェントの使い方の説明


になります。

(1)
何社を経験して、どんな仕事をしてきたかを新卒から
今に至るまで、業務内容の確認です。

もし用意できるのでしたら

・今までにどんな実績、成績を出したか
・どんなお客さんを担当していたか
・マネジメントの経験はあるか
・仕事でどういうスキルを習得したか

 ITのSEで言語はJava
 経理で決算業務、監査法人対応
 営業では従業員500名クラスの会社に、○○という商材を新規営業。成績は○位。

など

といったアピールできるポイント、どんな業務をしてきたかのスキル

を細かく語れるようしておくとアドバイザーにとってはありがたいでしょうね。
求人案内の時に、その方があなたにマッチした求人を紹介しやすいからです。
(後からでも用意できるので、準備しないでも大丈夫です)


(2)転職したい理由と目的

なぜ転職をしたいと思うに至ったかの理由です。

初めての転職でなければ、新卒で入った会社から1社目は何?、2社目は?
と順をおって聞かれると思います。

本音で語りすぎない方がいいです。


(3)

転職するとしたらどんな業界、職種を希望したいかを聞かれます。

何を1番に転職で実現したいのか?の優先順位を考えておくと
話が早く進むと思います。

例 仕事内容、年収のアップ、勤務地、残業時間


(4)

あなたの希望と求人の動向をすり合わせて
どんな求人を送ればいいかの方向性をアドバイザーと一緒に話し合います


転職エージェントの面談は何を見られるか?


面談は、本番の企業との面接ではないものの

登録者の希望を聞く場だけでなく

求人を依頼している企業に対しても、その転職者がどんな人物かを
報告しないといけません。

あなたが話をした内容・印象が、求人企業とのマッチングの材料になります。

友達と気軽にしゃべる場とはちがいますので、「リラックスしてのぞんでいいものの、
利害がからむので、自分をさらけ出しすぎない」というスタンスで会いましょう。

○ 転職の希望時期、意欲

すぐに活動を開始するのかどうか、いつから開始するのか、まったくしないのかという話です。

エージェントとしては、すぐにスタートしてくれれば、商売につながるので
ありがたいと思いますが(笑)そういう登録者だけではありません。

アドバイザーにもノルマがあるので、すぐに動く人の方が初動の力の入れ具合が変わるかもしれません。ですが転職したくないのに、無理に進めるのは意味がないので、正直に活動したい時期を伝えて、
気にしなくてもいいと思います。


○人物タイプ

あなたの身なり、言葉づかい、面談の話の内容からアドバイザーが感じたあなたの印象です。

・真面目そう、素朴な感じ
・キリッとしている
・粘り強さはありそう
・ガンガンいくタイプ

という肯定的なものから

・悲観的
・慎重さが足りなさそう
・他責的(人のせいにしやすい)

という悪い印象まで見ています。


○その他

仕事への価値観(例 独立がしたい、○○にキャリアアップをしたい。土日休みたい)

という考え方から

・希望の勤務地は?
・現職の年収と希望の年収は?

といった条件の細かいところをヒアリングして聞きだします。