大手転職エージェント

大手の転職エージェントの特徴を解説します。

大手と呼ばれるのは

・リクルートエージェント(リクルートキャリア社)

・DODA(インテリジェンス社)

の2社になります。


特徴1 大手はとにかく求人数が多い

・リクルートエージェント 約9万5000件

・DODA        約4万5000件

です。中堅どころのエージェントで1万件前後の求人数ですから
この2社だけ数倍以上の求人を持っていることになります。
中小はさらにぐっと少なくなります。

求人数が多ければ自分にマッチする求人に出会いやすくなります。

なるべく多くの選択肢の中から仕事を探し
内定が複数から出た方が、よりいい条件の会社を探せます。

求人の持ち駒を押さえておくのに、大手2社の登録は欠かせません。


特徴2 分業制をしいている

求人企業を担当する営業と

転職希望者の面談や案件紹介をおこなうアドバイザー

の2者による分業制で仕事をおこなっています

多くの情報を偏りなく広められる反面、

アドバイザーは企業に直接に訪問をせずに案件を紹介していることから、
意外に求人のことを知らないというデメリットも


特徴3 データベースでマッチングをする

登録者の情報と、求人情報のそれぞれをデータベース化

条件検索をすれば、希望にマッチした仕事がずらーと一覧で出てくる、といった具合に大規模にシステム化しています

機械が関わるので、情報にもれがなく、大量に希望の仕事を紹介できます。

反面で、アドバイザーはシステムの情報に頼りがち
案件だのみの紹介の仕方も


特徴4 転職実績が豊富

大手の2社で、転職エージェント全体の転職者の3,4割は
占めていると考えられます。

・どんな経歴で転職が成功したか、の成功者のデータを豊富に蓄積

・エージェントからの入社者がいないと、信頼関係が企業とは構築しにくいので、その点で
 幅広い企業との信頼関係を構築している。生の内部情報を仕入れたり、書類選考の際に有利に働く可能性も


特徴5 システムがしっかりしている

個人情報の管理は厳重

社員数が多いので、相性が悪い担当者との変更をかけてもらいやすい

大手はシステムがしっかりしているので、当たりはずれの幅が中小に比べて少なく
悪徳エージェントで起こるようなトラブルにも巻き込まれにくい

これらが大手の転職エージェントの特徴になります。