転職エージェント中高年

転職エージェントを中高年の方が利用する際は

・多めに登録して足で稼ぐことが大切

・すぐに求人がなくても諦めない
 覚えてもらって仕事が出た時に声をかけてもらう

というスタンスで付き合いましょう。

この年代の転職エージェントでの求人は、20代・30代の若者にくらべると件数が少ないです。
さらにマネージャーや部門の責任者などの幹部クラスの求人が多いです。

理由は

・そもそも年齢が高くなると、転職自体が厳しい

からです。これはハローワークでやっても同じです。

とはいっても、あなたの今まで培ったキャリアで、自分では気づかないような
提案をエージェントで受け、異業界の転職に成功できたりする方もいます。


豊富なキャリアがある中高年に、現場を統率してほしい
新しい切り口でビジネスを見てほしい

という要望があるからです。

例 不動産のカウンターセールスのマネージャー 

   → 葬儀フランチャイズのエリアマネージャー 


  流通系企業の経理マネージャー

   → 中堅飲食企業の総務・経理部門の責任者

  新規事業の部門の責任者


また年齢に相応のビジネス経験がある方だと、逆に引く手あまたである可能性もあります。

求人そのものが少ないのですから、なるべく多くのエージェントに登録して
少ない紹介の数を、足で稼いで、社数を増やしてカバーするようにします。


また登録に行って求人の提案がなかったとしてもそこで諦めないようにしましょう。

担当者に自分の顔とキャリアを覚えておいてもらい、求人が出てきた時に

「あっあの人に合いそうな仕事だな」と紹介してもらえる状態に何社もしておきます。

年齢があがるほど、ピンポイントで狭い求人要件になりますので

最初に紹介がなくても、あるタイミングで「あなたのキャリアとピタッとハマる」求人が出てくることがあります。

中高年だと、ハマるキャリアの対象者、応募者数も少ないので

今まで転職が決まらないのが嘘のように

あれよあれよという間に内定&採用という流れになるのも、僕のエージェント勤務時代でも見てきました。

ですから間口を広げるというスタンスで転職エージェントを利用するのをおすすめします。