中小転職エージェントの特徴

中小の転職エージェントの特徴を説明します

1  特定の分野に強い会社が多め

大手が「デパート」で幅広い求人を扱っているとすれば、中小は「専門店」です。
そのエージェントごとに特徴を打ち出しています。


例 中小エージェント

・職種に強い    → 経理・法務・ITエンジニア・営業・マーケティングなど

・業界に強い    → ITネット・製薬・金融・製造業

・資格保持者に強い → 看護師・医者・弁護士・保育士など

・属性ごとに強い  → 女性・20代前半・中高年・障害者


2 独自のコネクションや情報があることも

特定の企業の、経営層との人脈をもつエージェントもあります。

普通であれば、2回面接がおこなわれ、1次面接は人事の担当者からスタートするのに

中小エージェントでコネが強ければ、そのエージェントからの推薦された時点で
「1次面接」をクリアしたのと同等とみなされ、いきなり最後の最終面接からスタートということもあります。

また特定の業界専門で、ビジネスを成り立たせているのなら、
深く企業に食い込んでいることで、独自の情報を持っていることもあるでしょう。


3 良い・悪い意味でも偏っている


転職エージェントの経歴も、大手から独立した人だけでなく
まったく人材業界を経験せずに、やっている人もいます。

優秀なエージェントもいる一方で

ダメな会社は本当にだめで、大手では考えられないようなトラブルが起こったり、
モラルが低く、転職を「人転がし」としか考えていない担当者もいる、という声を聞きます。

中小の方が当たりはずれが大きいです。

大手であれば、ダメな担当者なら変更すれば済みますが、中小であれば
社員数が少ないので、替えがきかないので変更が不可、嫌々付き合っていかないといけない。

エージェントに慣れていない転職初心者は、付き合い方が難しいかもしれません。
まずは大手に登録して使い方に慣れた方がいいと思います。


4 求人数は少ないが、親身に対応・サービス力で勝負する会社も


中小エージェントは、求人数が少ないです。業界特化タイプでも、大手にその専門ジャンルの求人数で負けることもザラです。

例 IT特化型のエージェントが、大手のIT分野の求人より少ない

ですから、求人情報が偏るので、大手より「特定の企業を薦められる・内定したら強引に押される」リスクがあるのは知っておきましょう。

大手のように、広告をバンバン使っていないので、登録者集めに苦労しています。

キャリアが弱ければ、大手では相手にしてもらえないキャリアが弱い人でも親身に相談に乗ってくれるエージェントもあります。


個人や小転職エージェントはどこがおすすめ?


小規模・個人の転職エージェントでどこがいいかは僕には正直わかりません。すみません。

ですが個人エージェントの選び方のポイントの1つは

ずばり『その個人でやってるエージェントのバックボーン・経歴は何なのか』
で判断できるのは確かです。

もっというと

・大手の転職エージェントに勤務後に辞めて、独立したタイプの個人エージェント

はサービスレベルが比較的に安定、しっかりした仕事をする印象をもてる

といえます。

なぜかというと

・大手にいたので、業界のイロハや仕事の進め方の基本は熟知している

・大手を辞めた後に、わざわざエージェントで独立しているのだから、この業界の仕事が好き

かつ、勤務時代に長い経験・平均以上もしくはそれなりに高い営業成績を残していないと、なかなか独立しようとはしない、思わない

からです。業界にいた内部の人間の意見です。

転職エージェントを辞めた社員の身の振り先は、3パターンに分類されます。

・転職業界に疲れた、ちがう業界の仕事(営業やMRなど)やちがうビジネスで独立する、自分が人事担当者に転職して流れるケース

・小さい転職エージェントに移る

・自分で転職エージェント会社を作り独立する

の3パターンです。


1番目が6割くらいのイメージですね。

2番目で2、3割

最後の独立する、というのは実はそんなに多くはありません。

独立しやすい仕事ではあるにはあるのですが
仕事は毎日終電間際まで、ストレスも多い職場ですから業界を離れる人も珍しくありません。

ちなみに僕は1番目のパターンです(笑)。違う仕事したいと思ってました。

独立してまでやるタイプの人は、基本的にエージェント業が好きで

・業界歴が10年以上で幅広い経験をもつベテラン
・現役の社員時代に営業成績が高い

という人が多い気がします。

その他のバックボーン、特に業界経験がない人がいきなり独立した場合は当たりはずれがあると思います。
サラリーマンが定年後にいきなりキャリアカウンセラーになった、みたいなパターンです。

ラーメン屋、寿司でも大工でも床屋でも独立する前に修行をしますよね。
修行して一人前になり、親方から副店長やナンバー2くらいまでに認められたら、のれんわけなり、自分で店を出します。

転職エージェントもそれと同じです。

エージェントに勤めずにいきなり独立すれば、定量的なサービスの質を知らないのですから、ばらつきがでるでしょう。もちろんそんな修業期間がなくとも優秀なアドバイザーもいると思いますが。