転職エージェント感想

応募前や面接後に「意気込み・意欲の高さ」を転職エージェントに伝えることが
内定率をアップさせることもあります。

候補者が2人いて、B社の面接後の企業の評価が1点満点で

Fさん  0.8点

Nさん  0.7点

でFさんの方が上だったとします。

しかしNさんは面接後の感想が「B社が第一志望です」と転職エージェントに感想をすぐに伝えたとします。

企業が次の最終面接に進めるかどうか迷っている際に
エージェント側に「候補者のFさんとNさん何か言ってましたか?」と連絡をしてくることがあります。

そういう時に「Nさんは第一志望らしいですor御社に対していい印象があるようです」

と伝えることで、エージェントが選考を進める肩を押すことができます。

*エージェントは前向きでない、分からないのに、候補者の感想をでっち上げて、
 良い方向にすることはありません。

企業側は、面接での評価も大事なのですが、

・内定を出したら本当に来てくれるのか?
・すごく望んで会社に来てもらえる人の方が辞めにくい
・素直に会社を評価してもらえたので嬉しい

ので『応募者の意欲』というのも採用基準にからみます。

FさんとNさんどちらを採用しようか、という会議をする前に

「Nさんは第一志望」という情報が入っていると
それならNさんに内定を出そうか、という話に傾く可能性もあります。

面接が終わった後は、次のことを伝えておくようにしましょう

1.面接後の感想  最終面接だと入社意思を伝える

2.前向きな印象をもった際は、その旨とどんな点に好感をもったのか

3.面接官に対しての印象 どこに好感をもったか

4.仕事内容についての意気込み キャリアのどこを活かせるか

これらをメールでも電話でもいいので、キャリアアドバイザーに終了後にすぐに伝えてください。

企業担当にこの旨を伝えておいてください、と言うのを忘れないでください。
アドバイザー側で止まって企業に伝わらない可能性があるからです。印象がアップするでしょう。