転職エージェントクロージング

転職エージェントを使った際の、内定時の「困ったこと」を紹介します。

タイトルの通り、キャリアカウンセラーから

『この会社を逃したら転職できませんよ』と言われた場合には
どのように対応すればいいのでしょうか?

「何でここまでせまられる筋合いがあるんだ」と不信感を抱くかもしれません。

ただ単純に「入社させたいだけなんだろう、どうせセールスだろう」
という訳でもないんです。

元エージェントの企業担当だった僕が回答します

→答え

1 

本当にそう、真実な場合

その内定を蹴ると、これ以上の条件の会社で内定をもらえないだろう


というのと




そうじゃなく、ただ入社させたいだけ

の2つがありえます。

これを見分けるのは素人には難しいかもしれません。
本当にそうかどうかは

・あなたのキャリア
・選考状況
・その時の求人状況

の3つが複雑にからみ合うからです。

→まずは『そのアドバイザーが信頼に足るかどうか』で判断するしかないでしょう

今までの対応が、約束事を守らない・上っ面だけ・何か信用できないな
と感じたのなら後者

強引ではあるがウソは言わなそうだな、と思えば前者です。




本当に、その内定した会社を辞退すれば、もうこれ以上の希望にかなう条件の会社は出ないだろうな
というのは毎日、たくさんの人の転職活動の合否を見ている転職エージェントであれば分かります。

アドバイザーとしては本音で「蹴るのはもったいない」と思ったから、口をついて出たのだと思います。

結婚相手でたとえると

25歳の女性が、一流企業に勤めるイケメンで優しい彼氏から、プロポーズされたが
まだ結婚したい時期じゃないから断った、みたいなのと話が似ています。

これを断ったばっかりに、自分の一番の売り時を見間違え、

ズルズルと婚期を逃し、顔面が劣化して自分の価値が下がり、30歳過ぎて結婚したくなっても
イケメンの元彼以上の人は現れずに、妥協しておとった相手と結婚する、みたいな話です。

「あの時に結婚しておけばよかったな〜」と後からしみじみ後悔します。


同じことが転職活動でもあります。

登録者は、「自分をマックスで売れる企業の相場」が判断できないのと

転職を決断ができるほど考えが煮詰まっていないため、せっかくいい条件でも内定辞退してしまうのです。

1社目の内定で決断が下せず、3,4社目の内定で納得感が出て、転職をきめる方も
珍しくありません。


逃さないためには、先ほど述べた『アドバイザーの印象』で判断する他に

最終手段ですが(笑)

・複数登録した他の転職エージェントに、セカンドオピニオン的に本当にそうなのか
 意見を聞いてみてください

あなたが「人生かかってます!教えてください」的な勢いで真剣に話せば、

他社に取られたくないという心理は働くものの、まともなアドバイザーならアドバイスすると思います。

僕がアドバイザーなら、他社・転職サイト経由だろうが、「しょうがないな〜」と思いつつ相談に乗ると思います。