転職エージェントキャリア

活用法を説明します

1 年収アップや自分が勤める業界の上位の会社に転職するには
  どんなスキル・経験を積めばいいか?

2 今の仕事でどんなスキルをつければ、会社が業績不振で外に出されても、
  すぐに転職がきくか、市場価値が高い人材といえるか

といった話を、面談で聞いておく活用法です。


転職エージェントといってもすぐに転職をしたい人だけを相手にしている訳ではありません。
相談だけでもウェルカムです。

一部の収益重視のエージェントは相談だけは嫌がるかもしれませんが、そういう会社は
相手にしないで切りましょう。

キャリアアドバイザーは、自分の過去の登録者や、社内で共有される成功例から
『こんなキャリアで、こういう異業界への転職に成功できた。規模が大きい会社に転職して
年収をアップさせた」という成功例を毎月のように見てきています。

転職成功のデータが大量に蓄積されおり、

その情報を引き出して、すぐに転職をしないにしても

・これからどんなキャリアを積めば有利な転職ができるのか

判断する材料を集めるのです。

これから進む方向が分かるのですから、不安や疑問もなく、毎日の仕事に
まい進できます。



・ 「自分と同じ業界のキャリアで、キャリアアップさせた人は年齢はいくつで
   どんな経験を積んでましたか?」と質問する

(アドバイザーはいきなり聞かれると、すぐに答えられないかもしれないので事前にメールで
質問したい内容をまとめ送っておく)


現職が電子部品の営業職だったとしたら

成功事例

  20代後半で○○の電機メーカーの担当としてシェアアップを20%させた
  業界で上位の○○という企業に転職が決まった登録者がいた

  年収は100万円アップした


・「その人が強かったスキル・転職した決め手は何でしたか?」と質問する

  ・情報収集力
  ・関係構築力(これまで低いシェアだったのを、頻繁に訪問、御用聞きからスタートさせた)

といったスキルだとしたら、同じように自分も毎日の仕事で磨く

・「自分が働く業界の転職の売り時の年齢はいくつぐらいですか?」と聞く

 →動くのが遅いとチャンスを逃すので、タイミングも重要です。

このような成功事例の情報を引き出します。
複数に登録して、4,5社の転職エージェントで同じことを質問してください。
総合してどんなキャリアをつければいいか、いつ転職活動をすればいいかが見えます


もしくは年収アップ目的で、異業界への転職も視野に入れられれば、
上と同じように情報を引き出します。


質問事項

 ・「自分の出身業界、キャリアでどんな異業界の転職が考えられますか?」

 ・「自分と似た業界から、異業界に転職、年収アップさせた人の事例を教えてください」

 ・「自分の経歴から、どんなキャリア、スキルを見につければ、その業界で転職成功ができそうでしょうか?」

 ・「いつの年齢、タイミングで転職活動するのが有利ですか?」


成功例

不動産オーナーへの土地活用の営業  → 駐車場管理の大手の営業 年収120万円アップ


を質問します。これを同じく数社のエージェントに登録して同じことを質問します。


2は

面談で「今の仕事でどんなスキルをつければ、会社が業績不振で外に出されても、すぐに転職がきくか、市場価値が高い人材といえるか」

という質問をします。

例えば、家電メーカーの販売会社で、家電量販店への営業をしていたとします。

家電量販店の業績が不振ですから、仕事への先行きが不安だったとします。

参考:ヤマダ電気の例 

アドバイザーから「あなたの会社だと、○○部門はありますよね?住設機器や太陽光発電のメンテナンス技術者の募集は積極的です。こういう求人がありますよ。資格を取ってその部門へ異動できる状態にしておけば、リストラされても食って行けますよ」というアドバイスがもらえる可能性もあります。