転職は在職中か辞めてから探すか

転職活動は前の会社を

働きながら(やめずに)やった方がいいのか?それとも離職してしまってから
やった方がいいのか?を説明します。

結論は

やめずに転職活動をやった方がいいです。

両方とも下のようにメリットとデメリットがありますが
総合的に判断するとやめずにやった方がいいですね。


在職中のまま転職活動をするメリット・デメリット


メリット

・給料をもらいながらで、生活に不安がないので焦らない

・妥協をせずに、じっくり仕事を選べる

・転職の手続きを会社同士でやってもらえるので、自分でやらずに済む

・仮に不採用でも、失業はしない

・やってみた結果、現職の方がよければそのまま残れる


デメリット

・仕事が忙しいと、転職活動をする時間がない

・企業研究をする時間がもてずに、しっかり調べずに入社する可能性

・追い込まれていないため、本気になれない人も

・会社に隠して転職活動をしないといけない

・気持ちを切り替えるのが難しい

・チャンスがあった時に、すぐに行動できない可能性
 (面接日と抜けられない出張が重なるなど)

・退職交渉で会社の引き止めがきつい場合は精神的にきつい、
 あきらめてしまう人も

・今の会社に負い目や罪悪感ができる(ウソをついて面接に行く、給料をもらいながら転職活動をする、自分勝手な行動なのでないか

・急募の求人で、入社時期が合わずに終わる可能性も



転職活動を退職後におこなうメリット・デメリット


メリット

・時間の融通をつけやすく、複数の企業の面接も時間を気にせずに組める

・急募の求人でも、すぐに入社ができる

・資格取得や勉強のための時間も作りやすい

・情報集め、応募先の企業研究にじっくり取り組める

・リフレッシュのために長期で休める、充電期間を作れる

・雇用保険がもらえる


○デメリット

・連続して不合格になると、焦りが生まれる

・長期間、転職先が決まらないと精神的に追い込まれる。孤独感を感じやすい

・ブランクが長引くほど選考に不利になる

・妥協した職場を選びやすくなる

・無収入なので、生活費で貯金が減っていく

・失業が続くと、仕事勘や技術が落ちやすい。労働意欲も下がる

・生活が不規則になりがち。自己管理がゆるくなる


まとめると

在職中は「時間とやる気」の問題
離職後の転職活動は「お金とあせり」の問題

になります。


在職中のデメリットが多いですが、ほとんどが「本人の気持ちの問題、やる気次第」
でどうにでもなるものだけです。

在職中で転職活動をやる1番のメリットは、仕事をしながらで生活に不安を抱えずに
やれるので、転職先を自分の希望でしっかり選べる点にあります。


厚生労働省の調査では、

在職中と離職で

それぞれに転職を決めた人でデータをとった結果

やめてから転職を決めた人は、

『転職後のその企業の給料と満足度』

前者にくらべて低い、というのが調査で出ています。

ですからいくら仕事が忙しくて時間が取れないといっても
うまくやりくりして、やめずにやっていくことをおススメします。

退職後に活動をするのがなぜいけないのかというと
決まらずに何社も落ち続けると

・「入りたい会社」でなく「入れる会社、就けた仕事」を選んでしまう
・つまづくと「拾ってくれる会社」に入社する恐れがある
からです。


どっちが転職活動に有利なのか不利なのか?


これはケースバイケースですね。どっちがいいとも言い切れません。

転職エージェント勤務時代で1000人以上の活動をサポートした経験ですが

自分の精神状態や生活(離職した後に落ち続けると追い込まれる、生活費が減っていく)のを気にしないのであれば

ブランクがそんなに長くなく1〜2か月であれば、

・むしろ離職していた方が有利になる、という例もありますね。

企業は中途採用でわざわざ社内でなく外から人材を募集するくらいですから

欠員補充でどうしても早くその空いたポストに人を入れないと業務がまわらない
新規事業で素早くビジネスを立ち上げないといけない

いわゆる急募求人です

在職中の応募者の方が内定後の辞退率が高いので(給料を安定的にもらっている分、転職先を吟味する傾向にある)

からDさん(在職)とFさん(離職)で少しFさんの方が能力が落ちたとしても

すぐに来てくれそうだ、ということで先に離職のFさんに内定を出しちゃうのもちょいちょいありますよ。


反対に、現職の人を先に優先して採用する企業もあります。

離職してから転職活動をしているのは、「何か問題があったのではないか?簡単に辞めてしまったのではないか?と疑い、面接で厳しめの質問をしてくる企業もあります。

ブランクが長引くと、このページで説明した通り、不利になります。
それでしたら在職中のままやった方がいい、となります。


○どちらにせよ「絶対に転職をする」という気持ちが大切

離職でも在職中でも「転職を決める」という決意が大事です。

離職後にやると時間があり余る可能性もあります。
働きながらだといつか転職しようと、「気持ちにゆるみが生じやすくなります。

その時に大切なのが「絶対に転職する」「どんな希望をかなえたいか」
という固い決意です。
その気持ちを忘れないようにしましょう。