転職活動を在職中に

次に前ページで説明したうち
在職中に転職活動をすることの長所・短所をくわしく解説します。





1つずつの項目を解説します。


1 4 2 


在職中の転職活動は、「精神的・金銭的なあせり」が離職中にやるのに
くらべてほとんどないのが最大のメリットです。

苦労はありますが、「安全」におこなえる点が良いです。

毎月の決まった給料が入ってくるので、妥協して企業を選ぶ必要はありません。

いくら失業保険が入ってくるとはいえ、働き先が決まっていないと
人間の心理としてどうしても「早く決めなきゃ」という意識がでます。

在職中であれば、自分の希望をかなえられる職場をじっくり吟味しながら探せるので
本当の意味での「キャリアアップをはかれる仕事先」を探せます。


3 


社会保険の手続きを、現職→新しい職場の中でやってくれるので
自分で細かい処理をやる必要がありません。(どこに転職が決まったかは現職には分かられません)


5 

選択肢のオプションを多くもてるのがメリットです。
転職活動をしてみた結果「今の職場の気づかない魅力」「ただ隣の芝生が青く見えてただけだった」「もう少し力を蓄えてからの方がよさそうだ」

と思うかもしれません。その気づいた時点で、辞めていなければ
そのまま会社に残ることができます。

ですが離職して勢いにまかせて会社を辞めてしまうと、もう後戻りはできません。


1 3 

「いつか転職しよう」と頭では分かっているのが、毎日の仕事に忙殺されると
ダラダラと続けてしまい、なかなか転職活動が進まない、という悩みです。

転職か今の仕事どちらかであれば、集中してやりやすいですが
両方を同時にやるというのは、難しいものがあります。

求人を探す時間がない
応募書類をそろえている手間が取れない

ということでしたら、効率的にやるために転職エージェントを活用してみるのも
おススメです


2 

在職中で転職活動をおこなう際は、時間が限られているので
応募先1社ごとにかける時間が減ってしまう恐れがあります。

ちゃんと調べずに表面的な情報だけで、転職先を決めてしまい
後から「こんな会社なら移らなければよかった」とならないように注意してください。

応募する会社を減らしてもいいので、じっくり企業研究をしてください。


4 8

在職中であるなら、今勤めている会社に黙ってやらなければいけません。
間違っても仲が良い同僚がいるからといって「転職活動している」とは言ってはいけません。


義理堅い人、会社の同僚と仲が良いと「黙ってやること」「仮病で会社を休んで面接に行くこと」に罪悪感を抱くかもしれません。

ですが会社とあなたの人生は別であるのと、在職中だと多かれ少なかれみんな同じような心境、決定した後にお世話になった人にはお礼や謝罪をすればいいので気にせずに
やりましょう。

6 


有名企業だと、応募者多いのと、役員クラスの面接日程を動かすのが大変なので
企業主導で選考が進むのもあります。

そうするとあなたの面接の希望日程は聞いてくれず、

「この日の○時に来てください」と企業から完全に面接日時を指定される場合も
あります。

仕事が忙しい際や自分以外にどうしても抜けられない業務が在職中の会社であると
最悪、面接を受けられないリスクがあります。

土曜日や夜に対応してくれる会社もあるので、どうしてもダメな場合は
遠慮せずに、応募先に聞いてみるのも1つです。

また人気求人だと、「12月13日〜20日」と1週間だけ求人で募集、
応募者が大量に集まると、それで求人をクローズして、選考が開始するような例もあります。

在職中だと仕事が忙しいのにかまけて、ダラダラして気づいたら募集が終わっていた
1番忙しい時期に重なって、面接に行けそうにもない、などのマイナス面もあるかもしれません。