転職の時期

○求人が増える時期は?

・1〜3月
・9〜10月中

になります。秋の9、10月の方が多めです。


○1〜3月 なぜ多いのか?

→会社は4月の決算の前で

・人員計画の見直し
・予算の消化

また新卒採用は4〜6月に集中するのでその前に中途採用はやっておこうという意識が働きます。

さらに12月に冬のボーナスをもらいます。

・12月のボーナスをもらったタイミングで辞めた退職者の後をうけて、欠員補充で1月以降に募集をする

という形です。


○9〜10月中

・6月のボーナスをもらった後に転職活動をして辞めた人の欠員補充の求人

もらった後にスタートさせた人は、引継ぎ期間を含めて辞めるのが7月、8月になります。その後の月の9月10月に新しい求人が出るためです。


・8月はお盆休みに入り、大型連休がからむので採用活動は停滞しがちになります。
 その反動で9月に動きやすくなる

・中間決算が9月末に終わり、業績がよかった会社の追加募集
  ↓
 実際の追加で人員を増やすアクションを取るのが、9,10月に多い

・春から半年以上も求人を出していたのに、決まってない募集がある場合は、
 企業は年内12月中までに採用を終わらせたい、と考えることがあります

 そうすると、新しい社員になる人の引継ぎや退職交渉を入れると、
 12月の2,3か月前というのはギリギリのタイミングなのと

 求めるスキルや経験を落としてもいいから、採用しよう、という意識が働き
 企業の求人の条件が落ちて、採用意欲が高まる時期

である、というのも原因です。



○考え方

いちおう求人が出やすい時期と理由を説明しましたが、あまりこれにとらわれ過ぎないようにしましょう。

なぜなら、求人というのは

・そこまで激しく季節ごとに波があるわけでもない(転職サイトの全体の求人件数が
季節によって上下に波を打っているわけでない。証拠に好景気の時の求人は、減るのでなく、ずっと増え続けたりします。)

・自分にとっての最適な転職のタイミングは、季節では決められない

 →キャリアの1番のウリ時、はそれぞれちがう

・転職したいと思ったタイミングと、季節がずれることもある

 →動機が弱ければ、乗り切れません。

・おいしいお宝求人は、1年で関係なく、ひょこっと全然ちがう月に出たりするかも

だからです。