転職のタイミング

反対に「今の会社で我慢して働き続けるのが問題」なケースもあります。

1 今の会社の仕事が辛く、体を壊した・うつ病になった

2 年齢が若い人で、転職がききやすい年代の場合

3 成長業界で働いており、おなじ業界の規模が大きい会社にうつりやすい状態
  労働環境や給料面が改善されそうなケース

4 転職市場が活況で、転職するのには非常にいいタイミングの時

5 現職ではキャリアの展望や成長がどうしても描けないのにズルズルと残っている状態

などです。

転職して成功か失敗かはその人がどう感じるか
のちがいで千差万別です。周りからは辞めておいた方がいいよ、なんて言われても本人が転職してよかったと思えれば、それで勝ちなのです。


1については、健康をこわす、うつ病になったような仕事を我慢してやり続けるのは
問題だと思われます。


まずあなた自身の健康が土台にあって、その次に働いたり趣味を楽しんだりすること
があると思います。

その大もとにある健康を著しくこわすような職場で働いていたとしても、決して幸せにはなりません。

「健康をこわす」というレベルは、精神科にいったら医者に「うつ病」と診断されたり
働きすぎて体をこわし、「○○で入院が必要」といったレベルでしょうか。

過労自殺くらい思いつめてしまっているのでしたら、

早まったことをする前に転職をした方がいいでしょう。


2、3、4は

若い年齢であったり、転職市場の状況が良かったりで、

「今の会社に残り続けるより、いい条件の会社が選べる
ないし、選べるような外部環境にある」ケースですね。

中途採用の求人動向というのはこのページ(→リンク)でも説明した通り、
景気の良しあしや、応募するタイミング、業界の成長性でだいぶ変わってきます。


「正直者がバカを見る」ではありませんが、ズルズルと会社に残っていないで
ビジネスと一緒で時流にのって、会社を変えてしまおうという考えです。


スパッと今の会社をやめて転職してしまった方が、結果的に満足度が上がるケースもままあります。

転職エージェントに勤務して多くの転職者を見てきた経験や
僕自身の1社目の会社を辞めた時も結果的にそうだったからです。

ですがもちろんリスクもあることも一方で忘れないようにしてください。


その他


1.仕事の繁忙期は避ける

2.貯金がどれくらい貯まっているか

3.調子が悪いより、良いタイミングで


です。

1は

進行中のプロジェクトやあなたが抜けると困る仕事が進んでいるタイミングは
避けるべきです。繁忙期かどうかで判断するのも時期を見極めるにはいいです。


なぜなら

・職場に迷惑をかけやすい。退職交渉が難航するかも

だからです。円満退職を目指すならここも考慮に入れてください。

よくあるのが、繁忙期だと退職交渉の際に「すぐに君にやめられると困る」と言われて、2〜3か月かかってしまうというケースです。

採用が決まった新しい会社でそこまで待ってもらえればいいですが、急ぎの求人の
場合は待ってくれないことだってあります。

ですがいつも忙しい、自分は職場のキーパーソンだからどのタイミングでも
抜けると大変、というのでしたら

就業規則にはほとんど「従業員の退職を伝える旨は30日前に申すこと」のようなルールがあります。理屈では引継ぎには1か月あればOKです。

前の会社には恩義があるといってそれに応じると、
ずるずると引き延ばすことになり

実は引き止め工作かもしれませんし、
転職先に迷惑をかけてしまうことも考えられます。

今の職場から少し恨まれたとしても、振り切って退職をしてしまうのも必要になるかもしれません。


2.貯金がどれくらい貯まっているか

会社を辞めてから転職活動をする際は、最低で3か月は失業保険がおりません。
それでも大丈夫なように貯金がどれくらいあるか確認するのと

たとえ在職中でも、引越しが必要になる場合もあるので
金銭面の不安をないようにしておきたいです。




会社員をしていると、仕事やプライベートがノッテいる時期と
そうじゃなくドンよりと暗い時期の2つがあると思います。

不満だらけで切羽詰まった状況で転職活動を開始させるより
気持ちに余裕がある時期にやった方がいいです。

追い込まれたり、不満がたまっていると、考え方がネガティブになりやすいです。
「早く転職しないと」という意識も働くので
好調な気持ちの時では選ばないような会社に、決めてしまうかもしれません。

また暗いと面接での表情や受け答えにでることだってあります。