転職自己分析

転職活動の自己分析・会社の選び方【決定版!】記事一覧

キャリアの棚卸し方法【決定版!転職の自己分析】

自己分析の第一歩として「実績とキャリアの棚卸し」をおこないます。これまでどんな仕事をしてきたか時系列で書きだしていきます○やり方(1)これまで所属した会社ごとに、経験した業務の詳細を書いていきます。おなじ会社内で異動があったのなら部署ごとに時系列で書く*注意点はどんなささいな業務でもいいから、漏れな...

≫続きを読む

自分の感情ベースで転職の自己分析をやる方法

自己分析の棚卸しの部分でちがう切り口の方法を紹介します。・感情の浮き沈みを書きだしてみるということです。すでに作成した棚卸しの自分の業務の時系列の一覧の横に・苦労して毎日辞めたいと思っていた・胃が痛い日々が続いたが、目標を達成した時、プロジェクトが終わった時はすごくうれしかったといった感情面でのつら...

≫続きを読む

キャリアの棚卸し後はできること・自分の売りを確認

キャリアの棚卸しが終わったら今度は1 自分のキャリアの核2 ウリになる点3 できること終わったらやりたいこと ↑↓1番と2番 さらに転職市場の動向、自分の市場価値 を比較して、そのやりたい業界・仕事に進めそうかどうかを考えます。(→分からない人は転職エージェントで「私の経験で、○○業界に進めますでし...

≫続きを読む

転職 将来のキャリアプランの自己分析【5・10年後の目標ないと後悔】

自己分析の最後は・将来のビジョンを考えます。なぜこれをやるかというと・棚卸し      →過去・できること    →現在・キャリアビジョン →未来自己分析はそもそも上の時制の流れにそっておこなっているからです。今後どんな方向に向かっていくのか、未来を見据えておかないと方向性が定まらず、後からこういう...

≫続きを読む

キャリアアンカーで自己分析・適職を見つける方法

仕事で自分のやりたいことを探すときに、「キャリアアンカー」という概念を使ってみると参考になります。これはアメリカの学者が提唱した概念でキャリアを選ぶ際に、最も大事な(絶対に犠牲にしたくない)価値観のこと。また周りが変化したとしても、心の内で変わらない価値観と定義されます。職業を選ぶ際に、その人ごとに...

≫続きを読む

適職診断の転職無料はRCAPがおすすめ【体験談!】

適職診断と自己分析を深くやってみたいという方にはリクルートでおこなう「R-CAP」という適職診断をやってみるのがおススメです。他の会社でも出してますが、リクルートの「R-CAP」が1番良いですね。就職活動の筆記試験の「SPI」で有名なのがリクルートですし、分析で分かる結果も深くて他の会社のサービスよ...

≫続きを読む

何のために働くのか?【仕事6つの価値観で適職を探す】

自己分析をするにあたり、「何のために働くのか?」ということを再度、考えてみるといいでしょう。なぜかというと、「転職する」ということのおおもとにあるフレーズだからです。個人ごとで微妙にその理由はちがいます。「世間では働くのが当たり前だから」「○という夢があるから」「親が正社員で働かないと泣くから」「家...

≫続きを読む

自己分析 大事な軸は?【仕事の好き嫌い/お金の価値観】

自己分析でもう1つ参考になる軸に、「給料の高低」「お金への価値観」と「その仕事の好き嫌い」という切り口があります。「大っ嫌いな仕事」で「低年収」だったとしたら、速攻で辞めたいと思いますよね。そのような仕事に就き続けるのは不幸です。また別に「そこまで好きでもないが、嫌いでもない仕事」で「そこそこの年収...

≫続きを読む

仕事に求めるもの・会社4つの役割で自己分析【すっきり!】

「会社」と簡単にいっても働く人が自分以外にいれば、それぞれにちがう役割をもっています。社長がいれば課長もいる。開発や経理もいれば営業をやる人もいます。全員がおなじ役割を持つわけではなく、職種やポジションごとに大きく4つのタイプに分けることができます。いわば「自分の特徴」をつかむことで、適職を探すこと...

≫続きを読む

転職で軌道修正【リセットや人生失敗のやり直しきく?】

行き当たりばったりで転職を繰り返していくと軌道修正は効きにくいです。逆に「将来こうなっていたい姿」というのをなるべく若いうちに先に決めてそのために、キャリアを積んでいたとしたら修正はきかせやすいです。・「こうなりたい姿」を自己分析で決めて・1年ごとでもいいので、それに向かっているかを確認するのが大切...

≫続きを読む

転職先の見つけ方と会社選びの基準【超イイ探し方】

転職先を探すための面白いやり方を説明します。五角形もしくは六角形を紙に書いて、仕事のやりがい年収残業時間の多さ社風(自分に合うか)会社の成長性といったように作ります。上の項目は好きに決めてかまいません。もっと具体的に「仕事を任せてもらえるか」「転勤が少ないか」「休日の日数」など重視したいポイントは各...

≫続きを読む

転職の会社選び方で基本の12項目【プロが語る】

転職先を選ぶ際には人によって重視するポイントがことなります。不動産屋に行き、賃貸のアパートを決める際にも家賃はいくらか間取りは1Kか1DKか駅から遠くてもいいかマイナーか都心の駅か住宅街かオシャレな場所かなど好みが変わります。転職先の候補を探すのも似ています。価値観やキャリアプラン、嫌なこと、向き不...

≫続きを読む

転職先選びで譲れない条件の決め方と迷わない探し方

転職では求人を探す前に、職場選びの1 譲れない条件2 1の優先順位をつけることが大切です。なぜなら・すべての条件を満たす職場はない・条件の優先度の重みづけが合っていないと、働き始めてから不満がたまるためになります。さらにいうと3 優先順位の中で、捨てられる項目はあるか(線引きをする)4 それを叶える...

≫続きを読む

転職でしたい仕事が何か分からない時は?【超イイ探し方】

「やりたいことが分からない」「転職をしたいがどういう会社を選べばいいか思いつかない」という人に向いた、あまり難しく考えずにおこなえる方法を紹介します。それはインターネットの求人情報サイトを、1つずつ求人を受けるか受けないか、ということは置いておき、先入観なしでずーと片っ端から「ぼーっと」眺めていくの...

≫続きを読む

転職先 仕事の嫌な所・いい所で探す【超イイ方法】

今の職場は転職をすべきか、そのまま残り続けるのがいいかをチェックする方法を紹介します。1 今の職場で良いと思える所、雰囲気、仕事内容などで5個 挙げてくださいここでは人材紹介の営業 をしていると仮定しますパッと思い浮かべて、今の職場でここは好きだと思える点を並べてください。@企業の経営にタッチできや...

≫続きを読む

転職はできる事したい事のバランスが大事・完璧はないと思え

転職先選びのさまざまなフレーム(軸)を紹介しています。転職活動では・CAN=できること・WILL=やりたいことの2つの軸で考えることさらにその2つのバランスを取ることが大事です。もう1つは、WILL(やりたいことが見つからない)人であれば・自分の今の CAN(できること)の中から仕事を探すさらに・c...

≫続きを読む

転職先 夢目標とゴールを置く選び方【超イイ成功法】

転職で何をすればいいか決められない、で悩む人への選ぶ方法の3つめです。1 最初にキャリアのゴール、こうなりたいという目標を設定    ↓2 そのゴールにたどり着くためには、どんな会社・経験を積めばいいかの  スキルをかき出す    ↓3 そのスキルを身につけるために、合う会社や仕事を探すという形で転...

≫続きを読む

転職 向き不向きの見極め方と理想の求人票【プロが語る!】

転職先の候補を選ぶ際には、「自分の向き・不向き」をじっくり考えてみるのも1つです。なぜなら向いてない仕事は・いくらやる気や熱意があったとしてもカバーしにくい・向いていない仕事をやり続ける  → 覚えるのに時間がかかる                   やっていて楽しくない             ...

≫続きを読む

転職先 社風が合うかどうか考える【合わないと大変!】

転職先の企業を選ぶ際には、『どんな社風なら合うか』というのを意識しておきましょう。・規模が小さい会社 →  アットホームで従業員同士が仲がイイ・何千人と社員がいる大企業 → 社員同士の業務も細分化されてオフィスで無駄な話はなく、関係性は薄いというイメージをもちそうですが、実際にはちがいます。規模が小...

≫続きを読む

異業界の転職 探し方【プロの教え!会社の選び方】

異業界への転職転職の志望先が分からないという人に選び方の参考になる4つの軸を説明します1 製品やサービスのつながりで2 お客さんという切り口で3 取引先・仕入れ先という切り口で4 経験業務を因数分解して共通するものはないかになります。1は自分が営業や販売スタッフその他の仕事で扱ってきた商品やサービス...

≫続きを読む