転職エージェントの種類

転職エージェントの種類には

分業制と両面制という分け方があります。

簡単にいうと

分業制..求職者担当のアドバイザーと、企業担当の営業が別々に分かれて仕事をしている

両面制..アドバイザーが求人企業の担当も兼務している


になります。

図で説明すると


・両面制

求職者      求人企業
 ↑         ↑
 1人のアドバイザーが担当


・分業制

求職者     求人企業
 ↑       ↑
営業      アドバイザー
  

です。

特徴をまとめますと


分業制 

 ・大手のエージェントに多い仕組み
 ・求人を集める社員と、面談をする社員が分かれているので、多くの情報を集めやすい
  エージェントの経営規模を大きくするには効果的

 ・アドバイザーが求人企業と直接やり取りしているわけでないので、アドバイザーの求人への理解が薄くなりがち

 ・求人情報は偏りなく案内してもらえる可能性


●両面性

  ・中小エージェントに多い仕組み
  ・求人企業の担当者とアドバイザーが直接やり取りをしているので、その企業の求人理解が深い、濃い情報がもらえる可能性

  ・自分の受けもった登録者を、ノルマ達成のために担当している求人企業に案内しがちになる可能性

   担当する企業の求人の理解は深い一方、それ以外の企業の理解は担当しているわけでないので、薄くなりがち。結果として提供する情報が偏る可能性 

という特徴があります。

どちらの制度がいいわけでもなく、メリットとデメリットがあります。
ちなみに僕は分業制の転職エージェントで働いていました。

大手と中小にはそれぞれ長所短所があるので、両方登録してうまく使い分けていくのがおススメです。