転職サイトとエージェントの違い

転職エージェントと転職サイトのちがいを説明します。

大まかにいうと

・転職エージェントは担当のアドバイザーがついて、あなたの希望を聞いて求人を選んで送ってもらえる。またその後の応募から面接まで、エージェントのアドバイザーを通してフォローを受けながら、転職活動を進めていく

・転職サイトは、自分でサイト内にある求人を見て、自力で応募を進めていく

というちがいになります。

転職活動を

自分だけでやるか(←転職サイト)
アドバイザーがついて一緒にやっていくか(←エージェント)

のちがいですね。

転職エージェントはフォローが手厚い。サイトは自分でやるので応募がラクにできる、という特徴があります。

どちらが良い悪いでなく両方に特徴があり、メリットとデメリットがあります。


              転職エージェント   転職サイト

求人数             ○          ◎

サポート体制          ○          ×

使いやすさ・簡便さ                  勝ち

合格率アップの対策       ○          × 

交渉面:条件や面接日の調整   ○          ×

求人情報&面接情報の濃さ    ○          △

入社後の短い期間での退職率の低さ 勝ち


になります。


1つずつ解説していきます


【求人数】

これは転職サイトの方が多いです。僕は昔、転職エージェントの営業をしていました。あまり多くはないですがが転職サイトも担当企業に営業して売り込んだこともありました。

転職サイトの方が大々的に広く募集して集めるのに適しているのと、
掲載費用の問題で安いので求人件数はサイトの方が集まりますね。

転職サイトやハローワークになくて、転職エージェントにしかない求人(→非公開求人)というのも実際には多く存在します。


【企業の採用目線】

一人当たりの採用費用が関わってきます。転職サイトは何人採用しても料金が変わらないので、エージェントに比べると、企業から見た採用のハードル(基準)は下がる傾向にあります。くわしくはこちらで説明しています。


【サポート体制&交渉面&合格率アップ】

こちらはエージェントだけのサービスです。面接日の交渉、細かい質問事項への対応、書類選考の合格率アップのための対策など手取り足取りサポートしてくれます。

転職サイトは全部、自分だけでやらないといけないので、何もサポートはありません。


【応募のしやすさ】

転職サイトに分があると思います。自分の家のパソコンで登録し、応募したい企業に
エントリーができます。

エージェントだと1度はオフィスに来社して、担当のアドバイザーと面談を
する必要があります。


【入社後の短い期間での退職率】

転職サイトの方が入社後に半年以内でやめてしまうような短い期間での退職率は
高い傾向にあります。

・自分だけの応募だと、安易な転職になりがち
・入ってくる情報がエージェントに比べると薄いので、入社後にギャップを感じてしまうこともある

などが理由になります。


どちらが有利不利か?


転職サイトで情報掲載されて見たことがある求人が

転職エージェントでも紹介された

どちらで受けるのが有利になる? というのはあるのでしょうか


→両方の媒体で出している企業だと、そこまで有利・不利の差は出ない

それより「その求人にどのくらいマッチした人材か」
を見る傾向が強いと考えましょう。


それぞれの料金システム


どちらも掲載するにはお金がかかります。



・転職サイト    1回掲載の料金  50〜70万円(枠によって異なる

・転職エージェント 1人当たりの料金 120万円 (年収400万×30%で仮定)


前者は、1回の求人掲載で、3人採用したとしても
人数に関係なく50〜70万円の料金で済みます。

後者は1人当たりで料金の計算がされますので

3人採用するとしたら、120万円×3人=360万円かかります。

*ただし入社してすぐに辞めた場合は、返金の規定があって
時期によって20〜80%くらいの料金が戻されます。


まとめると、料金的には転職サイトの方が得です。


両方で出す企業のスタンス


お金がかかる媒体2つともに出す会社というのは

1個でいいのに、わざわざ両方をいっぺんに使っているのですから

『お金がかかってもいいから、応募者をなるべく増やし、採用する可能性を高めたい、
少しでも良い人材に来てほしい』

という意図で出しています。

人材採用にお金をかけてもいい、採用費用が多めな会社である可能性が高いです。

合格レベルを超えた人材なら、転職エージェント経由で高いから落とそう
とは考えないと思います。

つまり「欲しいと思った人材なら、どちらの媒体経由でも気にしない」と思います。


利用者にとっては?


サポート面では後者の方が断然いいです。

・面接前に企業の選考情報を入手できる
・面接日の調整をやってくれる
・懸念点や不安な点を企業に問い合わせてくれる
・年収の交渉をしてくれる


転職サイトでも採れる人材だと思われたら、負ける可能性も


 採用費で、サイト経由の候補者を優先することもある

評価点数 
転職サイト 

Aさん   0.9  →採用
Nさん   0.5  →不合格
Gさん   0.7  →採用


エージェント 

Rさん   1.2  →採用
Oさん   0.7  →不合格

上の例を見て頂くと、5人の候補者がいます。

合計で3名採用するとしたら

AさんとRさんは、点数の1位と2位で採用

GさんとOさんは点数が同じですが

3名のうち2名が決まった、残り1人なら、採用費が安くすむGさんにしておこう、という話はありえます。

Oさんが転職サイトでも採れるような人材だと判断されれば、お金が高いので
不合格になる可能性があります。


○結論  

 最終的には、どのくらい求人にマッチした経験があるか?で判断することになります。

 上の例のように、ボーダーラインぎりぎりじゃないか、と思えば前者の方が
 有利に働くこともあります。

 サポートの部分と てんびんにかけて、考えましょう。