転職エージェントの報酬

転職エージェントは、

利用者は登録から転職が実現するまで一切お金がかからず無料です。

なぜでしょうか?どこで利益を得ているのでしょうか?

それは求人を出す企業から手数料をもらっているからです。

転職エージェントの報酬=求人を出す企業側から

転職の決定時に

エージェント利用者の想定年収 × 30〜35%程度の成功報酬

を得ています。

たとえばある営業職の利用者が、エージェントに求人を出したA社から

年収400万円で内定が出て入社した場合


年収400万円× 30% = 120万円 の報酬がエージェント側に企業から支払われます。


転職が1人決まるだけで120万円も支払われるの?と驚かれると思います。

はい、実際にこのくらいのお金が裏で転職者1人決まるごとに動いています笑。

企業から手数料がもらえるので、求職者から費用を取ることはしていません。

だからエージェントは血眼になって求人を開拓したり、広告を使って求職者を集めているのですね。

法律で人材紹介では求職者にお金を取ることは禁止されてもいます。

想定年収というのは、エージェントを利用して仮に企業から内定が出た場合

「あなたの年収はこれくらいですよ」と入社後の1年間の年収額が採用内定通知書と一緒に出されます。


・想定年収=基本給×12か月+固定的な手当+賞与の合計金額

になります。

一方で求人を出す企業側にもエージェントを利用するメリットもあります。

難易度の高い求人でハローワークで出してもさっぱり人が集まらないのにエージェントでは応募者が来たりします。

料金がエージェントよりは安いリクナビネクストなどの転職サイトは、

応募者が来るこないにかかなわらず100万円前後の掲載料金を出さないといけません。それに比べればエージェントは手数料が高くとも、成功報酬というのは、転職が決まった時にだけ支払えばいいので魅力的といった理由から企業も利用します。