未経験とスキルアップ

スキルアップという言葉は横文字でかっこいいイメージがあるので
未経験での応募で安易に使いがちです。

 

ですがよく意味を知らないまま使いまくると

 

・なぜ?なぜ?で攻めてくる圧迫気味の面接

 

では痛い目をみます。

 

 

そもそもスキルアップとは

 

スキル=訓練で得られる技能や能力

 

ビジネスでいうと

 

 

仕事で必要な技能や技術を身につけたり、レベルアップしたりすることを指します。

 

英会話のように、職種に限らず重宝されるスキルもあれば、ITエンジニアのように、その職種でのみ活かせるものもあります。

 

また、仕事に直接関係がないような自己啓発もスキルアップに欠かせない要素です。

 

 

さらに根本的なことを説明すると

 

スキルアップしたいから、未経験の職種に応募するというだけでは
応募の動機として弱いのです。

 

なぜなら、どんな仕事でも未経験でゼロからスタートすれば
程度の差こそあれ、何らかの能力(=スキル)はアップしますよね?

 

なぜこのスキルを手に入れたいのか?の動機を明確にする
(どんな目標や夢があるか)
  ↓
今の仕事では手に入らないことを明らかにする
  ↓
御社に入社すれば、獲得できることを話す
  ↓
自分がそのスキルを獲得したら、どんな点で会社に貢献できるかを話す

 

というステップで、志望動機を組み立てるように注意してください。

 

『スキルアップ』という言葉は便利で使いやすいですが、その意味を充分に理解しないまま使うと面接で突っ込まれて答えられなくなりますので、この点を意識してください。